ロジキャラ紹介



僕は包丁の刃先を研石に押し付けると、手前から奥へと押し出し、そして引くことを繰り返した。


[刃物屋]
刃物屋(はものや)
Hamono-ya

田舎町のとある刃物屋で、研ぎ師兼、店番として働いている青年。
性格は温厚で、いつもひとりでのんびりと店番をしている。

すきなもの ◇ 店番
にがてなもの ◇ 食洗機



【称】
僕、クゼさん
「……君、この店で一番いい包丁を見せていただきたいのですが」


[牛刀]
クゼ
Kuze

ある日、刃物屋にやってきたお客の男性。その正体は牛刀で、現在は刃物屋と行動を共にしている。
丁寧な口調で話すが、態度は尊大。自分のために刃物屋に買ってもらった椅子がお気に入りで、よく座っている。

すきなもの ◇ 肉
にがてなもの ◇ 錆



【称】
私、君
「あの……、このお店で包丁を研いで頂くことはできますか?」


[お客]
マツリ
Matsuri

ある日、刃物屋にやってきたお客の女性。
おっとりとした女性で、こころから愛している夫がいる。

すきなもの ◇ クランベリー
にがてなもの ◇ ウメ



【称】
「無理ならそれで構いません。最初から期待なんてしていませんでしたから」


[お客]
コザト
Kozato

ある日、刃物屋にやってきたお客の女性。
きびしい口調で他人に接することがあるが、本人なりの気配りだったり、照れ隠しだったりする。 料理が得意で、たびたび刃物屋に弁当の差し入れを持ってくる。

すきなもの ◇ お弁当を作ること
にがてなもの ◇ ハグルマ町料理協会の会長さん



【称】
「うわあ、俺、縄で縛られるの初めて」


[お客]
シンドウ
Shindo

ある日、ゼンマイ銀行で出会った男性。
だれに対しても親しげで、さわやかな雰囲気を持っている。
刃物屋たちといっしょに、銀行強盗の現場に居合わせるが……

すきなもの ◇ ドーナツ
にがてなもの ◇ 煎餅



【称】
「僕は、ユーマと言います。……実は、それ、拾い物なんです」


[お客]
ユーマ
Yuma

ある日、刃物屋にやってきた盲目の男の子。
おとなしい性格で、聞き分けがいい。自然の音が好きで、よく森や海に散歩に出かける。

すきなもの ◇ 海の音
にがてなもの ◇ こんにゃく



【称】
僕、モリナ
「ムスメなどと呼ぶな。私の名前はモリナだ!」


[お客]
モリナ
Morina

ある日、刃物屋に現れた小さな女の子。
少し性格がきつく、クゼのことを目の仇にしている。その正体は……

すきなもの ◇ イチゴ
にがてなもの ◇ キャベツ



【称】
私、ユーマ

【ロジキャラ】にもどる
【刃物屋シリーズ】にもどる


【ロジカリズム】にもどる