気がかりな放課後(a)
----------

飛鳥と別れたあと、誠は保健室へと立ち寄った。
保健室には、書類の整理をしている養護教諭の兎沢がいた。

兎沢は、長い髪をうしろでひとつにくくり、パンツスタイルに白衣をはおっている。
めがねをかけていて、その顔にはいつもうすい笑みを浮かべている、とらえどころのない女性だった。

誠は、この兎沢が教師陣のなかではいちばん柔軟な思考を持っている、とにらんでここにやってきたのだった。

薬品のにおいがする保健室で、兎沢は誠にたずねた。

「それで、聞きたいことってなにかな?」
「先生におたずねしたいのは、幽霊についてです」
「え? 幽霊?」

兎沢がおどろいたように、何度かまばたきをした。
誠はうなずく。

「はい。いままでこの学校で、幽霊のうわさが立ったことってありましたか?」

誠が知りたかったのは、飛鳥が言っていた"先輩幽霊"の話だった。
飛鳥が学校のそとへ出て行けないのならば、先輩幽霊と出会ったのも学校内ということになる。
自分よりも長くこの学校にいる兎沢なら、なにか知っているかもしれない、と思ったのだった。

兎沢はうーん、としばらく考えこんだ。

「……この学校では、あんまりその手の話を聞いたことはないな。
それ以外の事件だったら、……まあ、いろいろあったけれど、一応解決はしているし……」

兎沢はぼそぼそとひとりごとのように言ったあと、ふと顔をあげた。

「ただ、二十年くらい前に、この近くで小学校低学年の子どもが失踪する事件があったよ。
私がたまたまその失踪した子と同い年だったから、覚えているってだけだけれど、
当時は神隠しだ、お化けにさらわれたんだ、……ってさわがれたりしてたかな」
「小学校低学年、ですか」

その子どもと、先輩幽霊とはなにか関係があるのだろうか。
とにかく、くわしいことはあした、飛鳥に聞いてみるしかない。

「お話、ありがとうございました。それでは、僕はそろそろ失礼します」
「あ、もういいの? ま、いっか。くれぐれも甘いものを食べ過ぎないようにね」
「……? はい」

誠がふしぎそうな顔をしつつも、保健室から出て行った。
書類の整理にもどった兎沢は、しばらくしてからはたと手を止め、

「……しまった。つい、"あの人"と話をしているような錯覚をしちゃった」

と小さく舌を出したのだった。



<<前のページ  【月見坂学園憑き幽霊の省察】にもどる  次のページ>>