少しはやい朝(a)
----------

あくる日の金曜日、早朝。

高級リムジンの後部座席に、誠と誠の妹・舞がふたり並んで座っていた。
舞は、ふわあ、と小さなあくびをしながら言った。

「お兄ちゃん、こんなにはやい時間に学校へ行くだなんて、どうしたの?」

眠たげにまぶたをこする舞は、それでも服装は寸分の隙もなくきっちりと着こなしているし、
長い髪もきれいに整い、赤いリボンのかざりが留められている。

赤月家のことを、いつ、だれがどこで見ているかわからない。
そんな赤月家の一員として、誠や舞も、身だしなみにはいつも気を使わなければいけないのだった。

誠は笑いながら、そんな妹の頭をやさしくなでた。

「なんでもないよ。……そもそも、舞までついてくることはなかったのに」

その言葉に舞はむっ、と頬をふくらませた。

「舞をのけ者にする気? それに昨日の放課後だって、なんだかお兄ちゃんのようすがへんだったもの。舞は心配しているのよ?」

それから舞はわずかにうつむいて、言った。

「舞に隠しごとなんてしないで。……兄妹なんだから」
「わかった。……もう少し落ち着いたら、舞にもきちんと説明する」

ほどなくして、学校の正門前で車が止まった。

「誠坊っちゃま、舞お嬢様。学校に到着いたしました」

運転手がふたりに声をかけると、先に車をおりて、後部座席のドアを開けた。
ふたりが車からおりると、ちょうどそこには誠と同じクラスの西森青空が立っていた。

「あれ、西森さん。どうしたの、こんなところで」

誠が声をかけると、それまでリムジンを前に目を丸くしていた青空が、あわててあいさつをした。

「あ……っ、赤月君……! お、おはよう……! あの、その、ちょっと赤月君に、お話したいことがあって……!」

青空がしぼり出すような声でそう言った。
するとその様子を見ていた舞が、「ははあ」とわけ知り顔をした。
そして長い髪をはらりと優雅に手ではらうと、舞はかわいらしくにっこりと笑った。

「それではお兄ちゃん、ごきげんよう。
今日の放課後は用事があるから、お兄ちゃんはひとりで帰ってね」

それから誠に顔を近づけて、そっと耳打ちした。

「レディにはやさしくね、お兄ちゃん?」

呆気(あっけ)にとられている誠にはかまわず、舞はすました顔をしてそのまま先に行ってしまった。

「あの……だいじょうぶ? 赤月君」
「え、あ、うん。ごめん、それで僕に話って?」
「その……越智さんのことを話したくて……」

誠はおどろいて、声のトーンを落とした。

「もしかして、……見えた?」

誠の問いに、青空がちから強くうなずいた。



<<前のページ  【月見坂学園憑き幽霊の省察】にもどる  次のページ>>