牛刀(c)
----------

あくる日の朝。
僕は刃物屋の店内で、ふたたびラジオの電源を入れた。

『……先日、ハグルマ町で起こった銀行強盗殺人事件の容疑者が、昨日逮捕されました。逮捕されたのは……』

僕は刃物を研ぎながら、ラジオの音声に耳を傾ける。

……結局、僕はきのう、町の公衆電話から警察に匿名(とくめい)で通報した。
やはりあの二千万円は銀行から盗まれたものだったらしく、あの家に住んでいたという容疑者の男は逮捕された。
容疑者の男はきのうの日中、そ知らぬ顔をして仕事場へと出向いていたそうだ。

『警察への取材によりますと、凶器とされる牛刀がまだ見つかっていないため、
容疑者にくわしい事情を聞きながら、凶器の捜索を続けるということです……』

僕はそこまで聞いたあと、ラジオの電源を消してため息をついた。

「……クゼさんのせいで、僕まで泥棒になってしまったじゃあないですか」
「盗難品が見つからなければ、泥棒になりようがない。それに"この私"が見つかるようなヘマはしませんよ」

僕のつぶやきに答えたのは、灰青色の髪に、燕尾服を着た男の人。
……もちろん、クゼさんだった。

クゼさんはさも当然のように、机のうえに腰をかけている。
僕はそんなクゼさんに言った。

「そんなことを言っても、あなた自身が牛刀本体を動かすことには、制限があるんでしょう?」
「そのとおり。だからこそ君のところに来たんですよ。証拠品として押収されるのは、御免(ごめん)ですから」
「まったくこの人は……、いや、人じゃあないんですけれどね……」

僕はもう一度ため息をつくと、たったいま研ぎ終わった、灰青色の牛刀を持ち上げた。
生まれ変わったかのようにぴかぴかになったこの牛刀は、たしかにもう、犯行に使われた凶器と同じものだとは思われないだろう。

「クゼさんは、これからどうするんです?」
「もちろん、君のところに世話になりますよ。さすがに売りものにはできないでしょう?」
「まあ、そうですけれど……、クゼさんと話をしていると、まるで僕がまともじゃなくなったみたいで、すこしおそろしいです……」
「なあに、すぐに慣れますよ」

僕は牛刀を丁重に箱に納めると、おとといから下げたままだった窓ぎわの竹すだれを上げにいった。

店のそとでは、道ばたに積もった雪のうえに朝日が降り注いで、きらきらと輝いている。
こんな天気のいい日には、もしかするとまた、この刃物屋に変わったお客が訪ねてくるかもしれない。

……しかし、今日のところはまず、クゼさん用の椅子を調達しにいこう、と僕は思ったのだった。



THE END
----------

2014年10月31日 擱筆
2017年04月10日 表記ゆれの修正


<<前のページ  【刃物屋シリーズ】にもどる