ゼンマイ銀行(b)
----------

マフラーをした男が勘定台を軽々と飛び越えると、銀行員に刃物をつきつけた。

「この鞄のなかに、金をあるだけ詰めろ!」

銀行員のふたりはふるえながら、札束を鞄に入れていく。
しかし仕事をしていたときと同様に、動作がゆっくりだ。……あれでは、相当時間がかかりそうだ。

そのあいだ、僕たちはというと、帽子をかぶった男に、縄でうしろ手にひとりずつ縛られていった。

「うわあ、俺、縄で縛られるのはじめて」
「……縄で縛られたことがある人は、あまりいないと思いますけれど……」
「おまえら、喋るなッ!」

男性客とひそひそと話をしていたら、強盗に怒られてしまった。

「いいか、妙な真似(まね)はするんじゃねえぞ!」

帽子の男は僕たち三人を縛り終えると、マフラーの男のほうへと加勢しに行った。
僕は、強盗とじゅうぶんに距離がとれたことを確認してから、小声で男性客に話しかけた。

「……とんだことに巻きこまれてしまいましたね。……ええと」
「俺の名前はシンドウ。……さて、こう縛られちゃあ、どうしようもない、……かな」

シンドウさんは困ったような口調でそう言った。
けれど一瞬だけ、シンドウさんのするどい視線が彼の足元の鞄に注がれたのを、僕は見逃さなかった。

「……シンドウさん。その鞄のなかに、なにか入っています?」
「……あれ、なんでわかっちゃったんだろ?」

シンドウさんはおどろいた顔で僕を見た。
それからひと呼吸置いて、強盗の動きを確認しながら、いちだんと声を落として言った。

「じつはこの鞄のなかに、……武器になりそうなものが入っているんだ。
それを取り出せたら、あの強盗たちを逆に脅せるかもしれない」
「……逆に脅すのは、危険過ぎる気もしますが」

そのとき、遠くからサイレンの音が聞こえてきた。
すかさず帽子の男が声をあげる。

「……アニキ、警察だ! こいつら、いつのまに通報をッ?」
「くそッ! ……いまそとに出るのは、逆にまずい。金を詰め終わったら、人質を連れてずらかるぞ!」

そう言って、マフラーの男はその場にいる全員を見回した。

「……女はいねえか……、しょうがねえ、人質は、あっちのいちばん弱そうなやつを連れていく!」

そう言いながら、マフラーの男は僕をあごで示した。
ご指名を受けた僕は、顔を引きつらせながら、言った。

「……シンドウさん、訂正します。いま止めないと、もっとたいへんなことになりそうな気がします」
「でも、なにをするにしても、まずはこの縄を解かないと……」
「その点は心配ありません。……クゼさん」
「仰(おお)せのままに」

クゼさんがそう言うや否(いな)や、クゼさんのうしろ手の縄がはらはらと解けた。
……それはまるで、"縄が刃物で切られたかのよう"だった。

シンドウさんはその光景に目を丸くしたものの、そのおどろきを声に出したりはしなかった。
そんなシンドウさんに、僕は言った。

「僕たちは事情があって、目に見えない刃物を持っています。……三対二なら、おそらくいけるでしょう。
僕が合図しますから、シンドウさんは縄が解けたと同時に、鞄から武器を取り出してください」
「……了解、まかせて」

シンドウさんがうなずいた。

そのころ、ようやく満足いくまで金を鞄に詰められたらしい強盗たちが、その重そうな鞄を持って、こちらに近づいてきた。

「おい、そこのおまえ! 立て!」

マフラーの男が鞄を持ち、帽子の男が刃物をこちらに向ける。
僕はゆっくり立ち上がると、言った。

「いまだ!」

かけ声と同時に、僕とシンドウさんの縄が解かれる。
そしてクゼさんはまっすぐ、マフラーをした男のほうへと向かっていった。

「ギャッ! な、なんだッ?」

クゼさんが、マフラーの男が持っていた鞄の取っ手を"切った"。
鞄は重力に従って床に落ち、いままで引っ張り上げていた重さを失ったマフラーの男は、バランスをくずして倒れた。

「うわッ!」

おどろいてふり返る帽子の男に、今度はシンドウさんが鞄から取り出したもの……、出刃包丁をつきつけた。
鼻先に出刃包丁をつきつけられ、固まる帽子の男に、シンドウさんが言った。

「……警察に捕まっても、俺が包丁を持っていたことは黙っていてね? めんどうごとは、ゴメンだから」

シンドウさんはにっこりと笑う。
目を白黒させている帽子の男の手から、僕はするりと刃物を引き抜いて、言った。

「相手がわるかったですね。……刃物に怯えていたら、僕も商売になりませんから」



<<前のページ  【刃物屋シリーズ】にもどる  次のページ>>