ペティナイフ(c)
----------

あくる日。僕はこの一週間の疲れもあってか、すっかり寝坊をしてしまった。
ユーマくんは午前中にはナイフを引き取りにくるはずだ。僕はあわてて身じたくをすませる。

襖を開けて店内に入ると、いつもは椅子に座っているクゼさんが、めずらしくその場に立っていた。

「あれ、クゼさん、どうしたんです……」

そう言いかけて、僕は店のなかにもうひとり、だれかがいることに気がついた。

赤い髪を高い位置でふたつに結んだ、幼い少女。
エプロンドレスのような洋服に、ひじのうえまで覆う黒い手袋をしている。

少女は僕のほうには目もくれず、するどい目つきでクゼさんのことをにらみつけていた。
クゼさんが、大げさに肩を落としてみせる。

「どうしたとは、私が聞きたいばかりですよ。とつ然、この娘が現れたかと思ったら、この調子なんですから」
「ムスメなどと呼ぶな。私のなまえはモリナだ!」

少女……モリナさんがそうさけんだ。

「刃物屋、私をここまで直してくれたおまえには感謝しよう。だが、この男のことは、けっして許せない!」

そうしてモリナさんは、片手をふるった。
同時に、クゼさんの後ろの棚のガラスが、ばりんと割れた。

ぱらぱらとガラスの破片が床に散らばるなか、僕はぼう然として、つぶやいた。

「感謝って……まさか」

僕のつぶやきに、クゼさんが答えた。

「そのとおり。……この娘の正体は、あのペティナイフです」

僕はきのう、ペティナイフを置いた作業台に目をやった。

そこには変わらず、あのナイフが置いてある。
クゼさんがそうであるように、モリナさんもまた、本体を自分自身の手で自由に動かすことはできないのだろう。

僕はモリナさんに語りかけた。

「モリナさん、一度落ち着いてください。どうしてクゼさんを許せないんですか?」

クゼさんとモリナさんは一週間まえが初対面のはずだ。
それにこの一週間、クゼさんがモリナさんに、そこまで大きな無礼(ぶれい)を働いたようにも見えなかった。

モリナさんは一瞬だけ僕を見ると、ふたたび視線をクゼさんにもどした。

「においでわかるぞ。この牛刀は、かつて人を殺した。……その場所はまさしく、あのゼンマイ銀行だろう!」

……かつて、ゼンマイ銀行に強盗が押し入り、従業員二名を刺し殺した。
そのときの犯行に使われたのは、「灰青色の牛刀」。……つまりクゼさんだ。

「……モリナさん、あの銀行強盗の事件を知っているんですか?」
「当然だ! なぜなら、あのとき殺された従業員のひとりと……私の所有者は結婚の約束をしていたからだ。
そしてこの牛刀からは、あの婚約者の血のにおいがする!」

モリナさんは、苦々(にがにが)しい表情で言った。

「……婚約者を亡くした主(あるじ)は、ひどく落ちこんだ。そしてあろうことか、私を使って自殺未遂を図った!
主の家族は、私が主のそばにいると二度目が起きかねないと考えて、私を森に捨てたんだ!……」

モリナさんは両手で顔を覆った。
彼女は、泣いているのだった。

「……すべてはおまえのせいだ、牛刀!
主は婚約者の仇を討ちたかったにちがいない。だから私はおまえを壊して、主の悲願を果たす!」

そしてモリナさんはもう一度、片手をふるおうとした。
そのとき、だれかがさけんだ。

「……あぶない!」

思わず目をつむった僕だったけれど、つぎに目を開けたとき、
クゼさんのまえで膝(ひざ)をついていたのはユーマくんだった。

「ユーマッ?」

モリナさんが悲鳴のような声をあげて、ユーマくんに駆けよった。

「だいじょうぶか! ユーマ、ケガはしなかったか?」
「うん。……きみが寸前(すんぜん)で、止めてくれたから」

ユーマくんはそう言ってから、悲しげに瞳をふせた。

「話は全部、聞いたよ。……ごめん。僕のわがままで、きみに悲しいできごとを思い出させてしまった」
「ちがう! 私は、ユーマを悲しませるつもりは……」

うろたえるモリナさんに、僕はゆっくりと近づいて言った。

「あなたたちは、あなたたちを扱う人間によって、いいものにも、わるいものにもなってしまう。
あなたのご主人のことも、ご主人の婚約者さんのことも、僕が人を代表して、謝ります」

僕はそう言って、頭を下げた。

「でも、いまのモリナさんは特別です。
人のすがたを手に入れたあなたは、自分の意思によって、あなた自身をいいものにも、わるいものにもできる存在になりました」

そう、それはまるで人間そのものだ。クゼさんが軽口をたたいたり、僕のことを心配してくれたりするように。
僕は、ユーマくんの肩に手を置いた。

「このユーマくんは、あなたをいいものにすることができる人間だと、僕は思います。
……ですからモリナさんも、どうかユーマくんにとって、いい存在になってはくれませんか?」

モリナさんはおそるおそる、ユーマくんの顔色をうかがった。

「で、でも、私は、主の血を吸った、忌(い)むべき刃物だ。ユーマは、私がこわくないか……?」
「ぜんぜんこわくないよ。……だってこんなに、かわいい声をしているじゃあない」

ユーマくんがそう言ってほほ笑むと、モリナさんがユーマくんに抱きついた。

「ユーマ! 私はうれしい! うれしいぞ!」
「……やれやれ」

一部始終を見守っていたクゼさんが言った。

「店内をこんなに散らかして、だれがかたづけると思っているんですか?」
「それはまちがいなく、僕ですよね……」

僕は肩をすくめた。

でも、ユーマくんとモリナさんが、その程度のあと始末と引きかえにしあわせになれるのなら、
まったくもって、わるい気はしないのだった。



THE END
----------

2015年07月17日 擱筆
2015年09月12日 公開
2017年04月10日 表記ゆれの修正



<<前のページ  【刃物屋シリーズ】にもどる