切れ味(c)
----------

十五分ほどでツグトくんの包丁が研ぎ終わると、ツグトくんはにこにこしながら店をあとにした。

「刃物が折られなくて、ほっとしましたよ」

クゼさんが肩をすくめて、

「おねえちゃん思いの、いい弟さんですね」

コザトさんが言った。
それからコザトさんは、店の壁にかけられた時計に目をやった。

「いけない! そろそろ仕事にもどらないと」
「ああ、すみません。ツグトくんの包丁を研いでいて、お弁当を食べられませんでした……」
「ゆっくり食べてください! お弁当箱は、つぎにお会いしたときに返していただければかまいませんから!」

そう言って、コザトさんはあわただしく店を出て行った。
そのすがたを見送りながら、クゼさんが言った。

「……彼女、いつもせわしないですね」
「仕事が忙しいのは、いいことですよ」
「ああ、君はいつものんびりしていますからね」
「僕のほうは仕事、ほとんどないですからね……」

なんとなくしんみりとしながら、僕はカウンターのうえで弁当箱の包みを広げた。

「さあ、すこし遅くなってしまいましたが、昼食にしましょうか」

そしてクゼさんとふたりで昼食をとり終わったころ。
店の扉が勢いよく開いたかと思うと、先ほど帰ったはずのツグトくんが、あわてたようすで駆けこんできた。

僕はおどろいて、椅子から立ち上がった。

「おや、ツグトくん、どうしたんですか?」
「刃物屋さん、さっき、聞くのを忘れちゃったの!」

そう言うと、ツグトくんは先ほどぶたの貯金箱をそうしたときと同じように、今度はちいさな水筒をぐい、と僕のまえにつき出した。

「え……」
「これ、どうやってつければいいの?」

よく見ると、ツグトくんの手が汚れている。
いやな予感がして、僕は思わず呼吸を止めた。

「……つける? ……ツグトくん、いま、なにをしてきたんですか?」
「グミねえがおひるねをしているあいだに、傷口がはやくふさがるように、グミねえの指をもういっかい、"切った"の!」
「……まさか」

僕は、いつのまにか受け取ってしまったらしい水筒を手に持ったまま、おそるおそる聞いた。

「では、この水筒のなかに入っているのは……」

ツグトくんの顔を見る。

汚れているのは、手だけではなかった。
その手でこすったのか、ツグトくんの顔や、コートのそでにも……

赤色の汚れ……、「血」がべったりとついている。

ぼう然と立ちつくす僕に、ツグトくんが言った。


「そのなかに入っているのは、グミねえの"指"だよ?」



THE END
----------

2017年04月10日 擱筆、公開


<<前のページ  【刃物屋シリーズ】にもどる