鉈(b)
----------

その日の夜。
僕はなにかの物音を聞いて、目を覚ました。

刃物屋の奥には座敷の部屋があり、僕はそこに寝泊まりして生活をしている。
クゼさんはというと、夜に眠る必要はないようで、
昼間と同じように、店の一角に置いてある椅子に座って本を読んでいるのが常だった。

僕はそっと、襖を開けた。
気のせいかとも思ったけれど、かすかな雨音のなかに、

カッ、カッ……

……という奇妙な音が、たしかにまぎれこんでいる。

それは、太い木の枝を切り落とすときのような音だった。
僕は、クゼさんに声をかけた。

「……クゼさん、あの音、聞こえていますか?」
「ええ、聞こえています。店のそとですね。……もっと言うなら、服屋の方角です」

クゼさんは本を閉じていた。その視線は、店のそとへと向いている。

カッ、カッ……

しかし、その奇妙な音はまもなく聞こえなくなり、あとには雨がふる音だけが残った。
すこしの沈黙のあと、僕はごくりとつばを飲みこんだ。

「……すごく、いやな予感がするんですが」

僕はおそるおそる窓ぎわに近づき、竹すだれを上げる。
灯りが少ないうえに、この雨だ。窓の向こうでなにが起こっていたのか、ここからではよく見えない。

……しかし、いくら見えないとはいえ。

僕は目を細めながら、ぼそりとつぶやいた。

「……あれ、鉈をふりおろす音、でしたよね?」



<<前のページ  【刃物屋シリーズ】にもどる  次のページ>>