鉈(c)
----------

あくる日の朝。
いつもはしずかな店のまえの通りが、今朝はさわがしかった。

僕は陰鬱(いんうつ)な気分で、研ぎ場の椅子に座っていた。

「……クゼさん、僕、今日は店のそとに出たくないです」
「なにを引きこもりのようなことを言っているんですか」

クゼさんが腰に手を当てた。

「だいじょうぶですよ。君の想像しているような最悪なできごとは、たぶん起こっていませんから」
「……え」

僕がおどろいて顔をあげると、クゼさんはあきれたように目をすがめていた。

「第一、なにかが起こったときには、相手が人ならまず、悲鳴をあげますよ。
……ぐっすり寝ているところを襲えば、またちがうかもしれませんが」
「や、やめてくださいよ! ……でも、最悪なできごとは、……ほんとうに起きていないんですか?」
「ごらんなさい」

クゼさんが窓ぎわに立って、服屋を指で示した。
僕が背のびをしながら服屋のまえの人だかりを確認すると、そこにはあの、服屋の娘のすがたがあった。
服屋の娘は野次馬(やじうま)たちと、なにやら話をしているようだった。

「……無事ですね、よかった……」

僕は彼女のすがたをひと目見て、ひどく安堵した。
きのうのあの物騒な音のせいで、僕は彼女が、てっきり事件に巻きこまれ、ケガでも負ったものだとばかり思っていたのだ。

「どうやら、さすがに考えすぎだったようですね……」

そのとき、刃物屋の店の扉が開いた。
入ってきたのは、僕の知り合いの女性、マツリさんだった。

「おはようございます。こんなのどかな町で、事件が起こるなんて……、刃物屋さんはだいじょうぶでしたか?」
「えっと、それがまだ、なにが起きたのか知らなくて。いったいなにがあったんです?」

僕がたずねると、マツリさんが教えてくれた。

「あちらの服屋さんに泥棒が入ったらしいんですの。
なんでも夜なかのうちに、店の扉の鍵が鉈のようなもので壊されたとか……、服屋のご主人が今朝、店に来て気がついたんですって」
「鉈……」

服屋に鉈とくれば、どう考えても、犯人はギスケさんだ。
でも、ギスケさんがどうしてそんなことをしたのか、僕には理由がわからなかった。

「それで、いったいなにが盗まれたんです?」
「それが……、ふしぎなことに、お金や服は、なにも盗まれていなくて……」

マツリさんが言った。

「盗まれたものは、ひとつだけだったそうですわ。それは店先に飾られていた、……"マネキン人形"だったんですって」

あ然としている僕のとなりで、クゼさんがククク、と笑った。

「……どうやら彼は、"想い人"を店のそとに連れ出すことに、みごと成功したようですね」



THE END
----------

2017年04月20日 擱筆、公開


<<前のページ  【刃物屋シリーズ】にもどる