悪意の刃(a)
----------

翌日の土曜日。

ライブの開演まで、まだ二時間ある。
それなのにライブ会場まえは、たぶん私が人生で見たなかで一番の人混みだった。

私はアロマちゃんに言われたとおり、そそくさと関係者用の入り口から会場のなかへと入った。
アロマちゃんが警備員にもすでに話を通していてくれたらしく、わたしはスタッフ用の名札をもらって、それを首にかけた。

楽屋はすぐに見つかった。
なかに入ると、まだ私服すがたのアロマちゃんが椅子に腰をかけて、ファッション雑誌を読んでいた。
アロマちゃんからすこし離れたところには雨車さんが座っていて、鏡に向かいながらお化粧をしている。

「タマ! 来てくれたんだ!」

アロマちゃんは雑誌をぱたんと閉じて、ほほ笑んだ。
雨車さんもお化粧をする手を止めて、こちらを向いた。

「あらあ、昨日の子。いらっしゃい」
「ど、どうも……」

私がぺこりと雨車さんに会釈をしていると、アロマちゃんが私のそばにやってきた。

「持ってきたよー、さといの写真! ……と言っても、現像していないからデータばっかりだけど」

アロマちゃんは、デジタルカメラに入っている写真をつぎつぎに見せてくれた。
さとちゃんの写真は、華やかな衣装を身につけているものがほとんどだった。

「仕事が終わったあと、記念に写真を撮ることが多いんだ。ステージ用の衣装、どれもかわいいでしょ?」

アロマちゃんはそう言って、しばらく画面をスライドさせていたけれど、ふとつぶやいた。

「いままで気づかなかったけれど、さとい、最近の表情が……なんだか暗いね?」

それは、私も気になったところだった。

「うん……、日付を見ると、一年ぐらいまえからみたい。そういえば、たまに学校に来るときも、どこか浮かない顔をしていたかも……」
「なんで気づかなかったんだろ……」

アロマちゃんが眉を寄せた。

「……でも、今回の事件と関係はないよね? さといは犯人じゃないもんね?」

アロマちゃんが私にそう問いかけたとき、部屋のとびらが開いて、大荷物を抱えた猫本さんが入ってきた。



<<前のページ  【ひみつは小さじ一杯】にもどる  次のページ>>