ホームルーム後(b)
----------

実は、ぼくが住んでいるマンションのとなりの部屋には、自称「探偵」の女性が出入りしている。
住んでいる、とはっきり言えない理由は、年中(ねんじゅう)、部屋を留守にしているからだ。

しかしながら、たまにふらっと帰ってきては、
ぼくに土産(みやげ)を置いて行ったり(探偵は世界各国を飛び回るものだ、と彼女は言った)、
どうでもよさそうなおつかいばかりを頼んでいったりする。

よく言えば自由奔放(ほんぽう)な人で、わるく言えば傍若無人(ぼうじゃくぶじん)な人だった。

「でも、そのまちがい相手のおとなりさんは、いま留守なんだろう?」

白河くんの言葉に、ぼくはうなずく。
"難解な謎" を解くのために、またどこかの国へしばらく出かけるという話を、先週末に本人から聞いていたのだった。

「だから、やっぱり警察に……」

ぼくがそう言うと、白河くんはやれやれ、と言って肩をすくめてみせた。

「おいおい、文面を思い出せよ。米坂から盗まれようとしているのは、 "サバトの絵画" だぞ!」

「サバト」とは、いま世間をにぎわせている、正体不明の謎の画家の愛称だ。
白河くんはぼくに顔を近づけながら、人差し指を立てた。

「いいか? サバトの絵はな、もともとはぜーんぶ、 "白河" の所有物なの!
それなのにこうやってやすやすと人の手に渡っていくなんて、納得いかねーんだよ!」

……実は、「サバト」はかつて、白河家の専属絵描きだったことがあるらしい。
まだ無名だったころの「サバト」の絵にひとめぼれをした白河くんが、親にたのんで、白河家の屋敷に住まわせていたと聞いている。

ぼくはおずおずと、白河くんに言った。

「……でも、 "サバト" さんが白河くんの家から離れたあとに描いたものだったら、それはもう白河家のものではないんじゃあ……」
「予告状には "米坂邸に隠された" って書かれていた。
正規ルートでサバトの絵画を手に入れてりゃ、わざわざ隠す必要もねーだろ? ……オレはどうも、 "米坂" のほうもワケありだと感じるね」

言われてみれば、あの文面はたしかに妙だ。
そもそもどうしてこの犯人は、探偵にわざわざ宣言してから盗み出そうとしているのか。
やはりその筋の職業の人は、そういったスリルを求めているのだろうか?

……まあ、探偵があんな探偵だし、へんな犯人に目をつけられるのも宿命なのかもしれない。

白河くんが言った。

「実は、前にオレの家からサバトの絵が盗まれたことがあって、その絵がまだ見つかっていないんだ。
この犯人を追えば、なにか手がかりが見つかるかもしれないだろ?」
「……もしかして、白河くん……」

ぼくが言いかけると、白河くんがにやりと笑った。
そして自分のかばんからなにかの紙を取り出すと、ぴらりとその紙を僕の目の前にたらした。

「ここで、なんとも偶然なことに……オレはいま、 "米坂さん" が新しく開いた画廊の招待状を持っているんだ。
……とりあえず、ちょっとようすだけでも見に行ってみようぜ?」



<<前のページ  【謎賭け怪盗と書きかけの解答】にもどる  次のページ>>