米坂邸(j)
----------

米坂さんが白河くんのお母さん……、白河薫帆(かほ)さんの肖像画を盗み出した理由は、
なんと薫帆さんは、米坂さんにとっての初恋の相手だったかららしい。

「薫帆さん本人を手に入れることはできないから、せめて絵だけでもと思ったんだよー」

うわーんと泣く米坂さん。
まあ、そのきもちもわからなくはないけれど、同情する余地はない。

一連の事実について何度も口止めされた時計屋さんは、
「とんだことに巻き込まれた」とぐったりしながらも、時計だけはきちんと修理して帰っていった。

使用人のヨハンさんは、この騒動のあとにぼくたちのぶんまでお茶をいれてくれた。
そのためぼくたちは、絵画をとりもどしたあとも、しばらく米坂さんの家に留まることとなった。

白河くんがさし出されたクッキーを頬ばりながら、米坂さんにたずねた。

「パスワードを "BACH" にしたのは?」
「薫帆さんが、あの曲のことを好きだって言っていたから……」

ぐすん、と鼻をすすりながら、米坂さんは言った。

「まさか白河家の坊ちゃんが直接乗りこんでくるとは、ゆめにも思わなかったし……」
「……このふたりがお宝を見つけたところを、こっそり横取りしようと思っていたのに」

くるみさんが、やたら物騒(ぶっそう)なことを言った。

「実際、途中までは私の期待どおりに事が運んでいたのだけれどね。
そんなすぐに足のつく絵は、こっちから願い下げ。 …… "賭(か)け" には勝ったけれど、勝負には負けた気分だわ 」

ちなみに "米坂" は偽名だけれど、 "くるみ" は本名らしい。
……彼女が言うことは、どこまでほんとうかはわからないけれど。

「くるみさん、……自称怪盗が、こんなにのんびりとしていていいの?」
「さっきも言ったでしょう? 私、今回はまだ、なにも盗んでいないもの」

ぼくの問いかけに、すまし顔のくるみさん。
それからくるみさんは横目でぼくの顔をちらりと見て、たずねた。

「ねえ、いつから私が "怪盗" だって気づいていたの?」

ぼくはくるみさんに言った。

「くるみさんに呼ばれたあの部屋は、きれいに掃除はされていたけれど、少しほこりっぽかった。
あれは長いあいだ、人が生活していない部屋のにおいだよ。それに、部屋の入り口にこれが落ちてた」

ぼくはポケットから小さな歯車を取り出した。
白河くんが横からそれをつまみ上げると、手のひらで転がした。

「これ、いったいなんの部品だ?」
「拾ったときはなんだかわからなかったけれど、あの柱時計を見て確信した。
"あの柱時計は意図的に止められたんだ" 、って。……これは、あの時計から抜かれた歯車だったんだ」
「ふうん。……私も、らしくないミスをしたものだわ」

くるみさんは、なぜかくやしがっている。

……米坂さんもくるみさんも、だいぶ怪盗のイメージ像とはちがうけれど、
ちがいの大きさでいえば、あのぼくの部屋のおとなりさんの探偵と、似たようなものだ。

……そうだ、あの人とも、一度話さなければいけなくなってしまったな。

くるみさんは小首をかしげると、ぼくのひざのうえに手を置いた。

「でも、たまにはいいものね、みんなでこっそり忍びこむのも。ねえ牧志、今後は私と手を組まない?」
「ダメだ、女の子がそんな危険なこと! 泥棒は犯罪だぞ!」

なぜかそう怒ったのは米坂さんで、 "あなたにだけは言われたくない" 、と、
くるみさんににらまれた米坂さんは、ふたたびしゅん、とうなだれてしまった。

「……しかし、どうしてサバトの絵画がわが家にあるとわかったんだ?」

米坂さんがふしぎそうにくるみさんに問いかけ、くるみさんはというとぼくを見て言った。

「牧志が受け取った予告状に、そう書いてあったから」
「……ん? あれ、くるみが送ったんじゃないのかよ? だって今回の "怪盗" は、くるみだったんだろ?」

白河くんがおどろいてそう言った。

「じゃあ、あの予告状はいったいだれから……」
「この筆跡を見て、おもしろそうだったから話に乗ったの」

くるみさんはそう言って、あの絵葉書を机のうえに置いた。
……あれ、それはぼくが持っていたはずなのに、いつの間に。

「牧志。この予告状の送りぬしのこと、……いまならあなたにも、こころ当たりがあるでしょう?」

ぼくは、くるみさんの言葉にうなずいた。



<<前のページ  【絵画泥棒と書きかけの解答】にもどる  次のページ>>