エピローグ
----------

「……私もそろそろ、おいとまするわ」

少女がソファーから腰を浮かせたところで、私は思わず、彼女のうでをつかんでいた。

「……なんのまねかしら、米坂さん?」

思いきりにらまれ、萎縮(いしゅく)しそうになるこころをなんとかふるい立たせる。

「きみ、どこに帰るんだい?」
「あちらこちらを、点々と。お金はあるから」

……そのお金も、まっ当な金ではないだろうに。

私は彼女のうでをつかんだまま、たずねた。

「失礼だが、ご両親は……」
「知らないわ。私には、関係のない人たちだから」

彼女は目をそらしてそう答えた。

……私の娘は三歳で亡くなった。
そんな亡き娘と彼女を、まったく重ね合わせていないと言ったらそれはうそになる。

そうやって他人のおもかげと彼女のすがたを重ねることなど、失礼であることは百も承知だ。
それでも、偽名でも "米坂" と名乗ってくれたことが、

……私はなぜか、とてもうれしかった。

きっとここでお別れをしたら、もう二度と会うことはないだろう。

それはなんだかいやだ。
せっかくこうして、出会うことができたのに。

だから私は言った。

「くるみと言ったね。私の名前は、米坂ノアだ。……米坂の名前は、きみに貸しておくよ」
「……え?」

おどろいて顔を上げたくるみに、私は続けた。

「この屋敷の部屋もね。空き部屋は、たくさんあるから」

くるみはこちらの真意をうかがっている。
うたがわれたって、かまうものか。私は本心を伝えるだけだ。

「私とヨハンだけでは、この屋敷は広過ぎるんだ。
きみの気が向いたときだけでもいい、この家がきみの帰る場所のひとつにでもなれば。
……くるみさえよければ、私の娘にならないか」

私の必死な表情を見てなのか、くるみはくすりと笑った。

「お父さまと呼ぶには若すぎるわ。せいぜいお兄さまね」
「……! それじゃあ……」

くるみはすく、と立ち上がると、部屋のとびらとは反対方向、窓辺へと向かっていった。

窓のそとは暗い。
日中はあんなに暖かかった気温も、いまでは部屋のなかにも伝わってくるほどに、冷えこんでいる。

そのとき、だれも触れていないはずの窓が、ばたん、といきおいよく開いた。
ひゅうひゅうと、夜風が音を立てて窓から吹きこんでくる。

「……私も、そろそろお仲間がほしいと思っていたところなの」

闇夜にとけこむような色の髪を優雅になびかせて。
くるみは窓枠に飛び乗ると、ふところからなにかを取り出して、かかげてみせた。


「私は怪盗、 "米坂" くるみ。 ……ノアお兄さま、 "これ" は今宵(こよい)の記念にいただいていくわ」


くるみの手のなかにあったのは、 "ヴィーナスの首飾り" と呼ばれる宝石だった。
月の光に照らされて、大きな宝石が虹色に輝く。

あぜんとしている私を尻目に、

彼女…… "米坂くるみ" は、夜の闇のなかへとすがたを消していったのだった。



THE END
----------
2013年 02月02日 擱筆
2013年 08月18日 連載終了
2015年 09月23日 加筆修正
2017年 10月15日 加筆修正
2018年 04月21日 タイトル変更


<<前のページ  【絵画泥棒と書きかけの解答】にもどる