7月7日(月) 8時25分(c)
----------

僕は人間を探して、池袋の街なかを走り回った。

本屋、ゲームセンター、喫茶店……、
しかしどこへ行っても、明かりは点いているというのに、人の気配だけがなかった。

(そうだ、深神さんの事務所は……!?)

僕は最後の望みをかけて、駅前のさびれた雑居ビルへと向かった。
うす汚れた階段をかけ上った先には、いつもと同じ"深神探偵事務所"と書かれた看板がかかっている。

しかし、その扉を押しても、ガチャ、と音がしただけで開くことはなかった。

(……カギがかかっている……)

ハルカ。
深神さん。
……緋色。

まるで彼らに、冷たく拒絶されたかのようだ。

「落ち着け。……落ち着け……、落ち着け」

僕は自分に言い聞かせた。
油断すると、考えること自体を放棄してしまいそうだった。

ほんとうに、僕はひとりきりになってしまったのだろうか。
それとも僕の頭がおかしくなってしまったのだろうか?

気持ちわるい。
考えたくない。

「……う……わああぁあっ!!」

たまらず、叫んだ。
こわかった。

とにかくだれかが、だれかに、だれかを。

息を吸う。
肺にたまっていた狂気にも似た不安とともに、胸につかえている感情をはき出す。

「だれか! だれかいないか! だれでもいいから! 聞こえたら返事をしてくれ!」

はやくだれかに会いたかった。
だれでもいい、「これは全部うそだよ」と、肩を叩かれることを切に願った。

お願い、お願いだから。
だれか出てきてくれないか。

「あああぁあぁッ!」

のどが痛い。
でも、叫ばずにはいられない。

夢ならさめてくれ。
そうだ、夢なんだろう?

「夢だと言ってくれよっ……!」

ひざをついて、アスファルトをにぎりこぶしで思いきりなぐった。

右手の甲から指、ひじへと痛みが走る。
手の甲には、じわりと血がにじんだ。
じんじんとしびれるその痛みに、「現実を見ろ」とあざ笑われたような気がした。

……はやくここから出してくれ。
僕の気が狂ってしまう前に。


「あの……」


そして唐突に、その声は聞こえた。
待ち望んでいた僕以外の、だれかの声だった。

勢いよくふり返ると、そこに立っていたのはひとりの小柄な少女だった。



<<前のページ  【きみひとり】にもどる  次のページ>>