7月4日(金) 8時00分(c)
----------

「学校を休むっていうのはともかく、深神先生のことまで当てちゃうなんて。
もしかしてあおちゃん、この年になってエスパーの才能が開花しちゃった?」

真剣にふしぎそうに、あるいは心配そうに首をかしげる緋色に、

「第六感ってやつだよ」

僕は適当に答える。

彼女は今日も、男物の服を着ている。
そもそもなぜ、彼女は高校時代を男子生徒として過ごすことになったのか、僕はその理由を知らない。

僕には彼女について知らないことが、まだたくさんあるのだと思う。
そして僕が知らない彼女のことを、深神さんやハルカは知っている。

僕は、深神さんやハルカのことは好きだ。
しかし、そこに緋色のことが加わると、いつも心のなかに、おだやかではない気持ちがたちこめた。

「……あおちゃん、どうしたの? ぼーっとしてるけれど……もしかして、具合わるい?」
「ううん、いつもとどこも変わっていない。元気だよ」

僕は笑って見せた。たぶんうまく笑えたと思う。

そう。……僕はずっと、緋色のことが好きだった。
それはもちろん、深神さんやハルカへの好きとは別の意味で、だ。

……僕のことを、緋色も好いてくれてはいないだろうか、と、
ほんの少しだけあわい期待をしている僕が、いつもいた。

……期待をするだけで、とてもそれを口に出したりは、できなかったのだけれど。

「うーん。元気ならいいんだけれど……、でも当てられたのはくやしいから、目的地変更っ!
どこか違うところに遊びに行こうよ!」

緋色が元気よく、片手をぐーにして空にかかげた。
おや、と僕は思う。その提案は、かつての金曜日にはなかった。

「うん、いいよ。……でも、深神さんのことはいいのか?」
「うん! もう今日は、深神さんのごほうびデーってことで、たらふくケーキを食べてもらおう!
せっかく学校を休むんだもん、どうせならふだん行けないところ……、そうだ、遊園地に行こうよ、遊園地!」
「……それはまた、極端だな」
「ほら、地下鉄で何駅か行ったところにあるでしょ? あそこに行こ!」
「わかった。そうと決まれば善は急げだ。はやく行こう」
「あっ!? ちょっと待ってよ、あおちゃん! そんなにいそがなくても、遊園地は逃げないよ!」

緋色が駆け足で追いかけてくる気配を背中で感じながら、僕は足早に駅へと向かった。

このまま、なかったことにしたかった。
できることならあの七月七日を、忘れてしまいたかった。

今日という日が終わって、明日は七月五日で、六日が来て、七日が来る。
それはもちろん、緋色たちのいる七月七日。

緋色がとなりにいる、いまこの瞬間がまぼろしだなんて、僕は考えたくもなかった。



<<前のページ  【きみひとり】にもどる  次のページ>>