7月4日(金) 8時00分(g)
----------

カップがちょうど空になったころ、深神さんが部屋から出てきた。
そして僕の正面にふたたび座ると、あっさりと首をふった。

「西森少年。……残念だが、"村崎みずき"はその高校に存在していないようだぞ」

一度だけ、つばを飲みこんだ。
そしてひと呼吸置いてから、質問する。

「過去にいたということも……ないですか?」
「ないな。開校から今まで在籍していた者のなかにも、その親類にも、"村崎みずき"の名前は該当しなかった」

ということは。
……あの灰色の池袋に、ひとりきりの少女はいないのか。

もしかすると今日は三日前なんかではなくて、
僕が三日分の夢を先に見てしまっていたのかもしれない。

それなら、すべてがつながる。

夢だったんだ。
ぜんぶぜんぶ、夢だったんだ……

「ところで西森少年」

考えにふけっている間、知らずに僕は深神さんの顔に焦点を合わせてしまっていたらしい。
その深神さんが突然口を開いたので、思わずびくりとしてしまった。

深神さんは背もたれに寄りかかり、両手の指を組んで同じく組んだ足のひざの上に置く。

「どうしてその人物のことを調べようと思った?」

僕は目を泳がせた。
こうして冷静になってみると、とたんに恥ずかしさでいっぱいになってしまった。

空になったままのコーヒーカップを指先でいじりながら、僕は正直に言った。

「すごく恥ずかしいことなんですけれど、夢を見たんです、僕。
……内容は、ばかばかしいくらいのファンタジーで」

でも、夢とは思えないくらい鮮明で。
悲しくなるくらい、さびしい世界で。

「……その夢のなかで、彼女に出会ったんです」
「だから興味を持った、と。その夢の内容はどんなものだったのだ?」

赤面する。深神さんとこんな話をすることになるとは思っていなかった。
しかし話し出してしまった以上は止めるわけにもいかない。

「その世界には、だれもいませんでした。深神さんも、……緋色もハルカもいなかった。
いるのは僕とみずきのふたりきりで、でもその情景は忘れられないほどに鮮明で、生々しいものでした。
空の色も、だれもいない池袋の静けさも。…そして日付は、七月七日だった」
「七日というと、今日から三日後か」
「はい。夢の中で一日を過ごして、起きたら今日、七月四日でした。
いや、本当は一日ではなく、三日分の夢を見ていたみたいだけれど」

深神は首をかしげた。

「というと?」
「僕……、今日の七月四日を、すでに過ごした気でいたんです。今日だけじゃなくて明日も、明後日も」

深神さんはふむ、とうなずいた。

「私は深層心理にはくわしくないから上手くは言えないが、夢を覚えている時の眠りは浅いらしい」

そう言いながら深神さんが立ち上がった。僕は自然と、彼に見下ろされるかたちになる。

「君は疲れているのだ、西森少年。そしてそんな時こそ、あまいものを摂取するべきだ。
緋色とハルカが帰ってくる前に、残りのケーキをこっそりと食べてしまおう」

深神さんがわくわくと言った。

「さあ、西森少年は皿とフォークを用意してくれ」



<<前のページ  【きみひとり】にもどる  次のページ>>