7月7日(月) 6時58分(b)
----------

面会時間の開始時刻である九時ちょうどに病室に入ってきたのは、ハルカと、僕の妹の西森青空(あおぞら)だった。
ハルカは気さくに、左手をひらりと軽く上げた。

「よっ! 見舞いに来たぞー」
「来たぞー」

青空がハルカの真似をして、同じように笑顔で左手を上げる。
青空はいま、高校生だ。今日は月曜日だから学校があるはずだけれど、今日は私服を着ている。
見舞いを口実に、休むつもりなのかもしれない。

「だいじょうぶ、お兄ちゃん? 階段から落ちて、大けがしたらしいけれど」

僕の顔をのぞきこむ青空のうしろで、ハルカが僕の目をじり、と見つめた。
どうやら話を合わせろということらしい。
……まあたしかに、女の子に頭をゴルフクラブでなぐられてけがをした、なんて言ったら、
心配するどころのさわぎじゃあなくなるだろう。

「あ、ああ、あんな高いところから落ちるなんて、僕もおどろいたよ……」

僕がそう言うと、青空は腰に両手を当てた。

「もー、しっかりしてよ、お兄ちゃん! ……うん、でも思ったより、元気そうでよかった。
お母さんは、退院する時に来るって言っていたよ。……もう、今日には退院できるんだよね?」
「ああ、まあね」

そこでハルカが、ふと席を立った。

「オレ、なにか飲み物を買ってくるよ」

僕はそんなハルカに、あの時忠告を聞かなかったことをあやまりたい、と思った。
しかし、青空が僕が階段から落ちてけがをしたと思っている以上は、彼女の前ではなにも言えない。
……もしかするとハルカはこれを、狙ったのかもしれないけれど。

「……お兄ちゃん」

ハルカが病室を出て行ってから、青空は僕のベッドのすみに腰をかけた。

「……緋色ちゃん、行方不明って、ハルカさんから聞いたよ」
「……うん」
「もしかして、お兄ちゃんのけがと、なにか関係があるの?」

僕はおし黙った。
話せば長くなるし、そもそもどこからどう説明していいのか、わからなかった。

青空はぎゅ、と僕を抱きしめた。

「無理してなにか言わなくてもいいよ。でも、私にできることがあったら、いつでも言ってね」
「……それ、ハルカにも言われたな」
「そう? 私、ハルカさんに似てきちゃったのかな?」

青空が僕に抱きついたまま、ふふ、と笑ったところにハルカがなにやらあわててもどってきた。

「蒼太! ……緋色が見つかったって! 意識はないけれど生きてるって……、……ん? あれ?」

僕たちの様子を見て、ハルカが固まった。

「オレ、もしかしておじゃました?」



<<前のページ  【きみひとり】にもどる  次のページ>>