7月7日(月) 15時過ぎ(a)
----------

僕は退院後も、病院を離れなかった。
……というのも、発見された緋色が同じ病院に運ばれてきたためだった。

緋色は全身打撲の重体で、集中治療室で手術を受けていたけれど、先ほどそれも終わって、一般の病室に移された。

病院に運びこまれてから、緋色は一度も目を開かなかった。
それでも呼吸と脈拍は安定していると、医者に告げられた。

手術中、どこかに行っていた深神さんは、手術後に一度だけ様子を見にもどってきた。
しかし、いまはどうしても手を離せない仕事があると言って、ハルカを連れてすぐにもどっていった。

いまは僕と青空が、緋色のベッドのとなりに座っている。

「……緋色」

呼びかけてみたけれど、やはり反応はない。
それでも手をにぎると、"この世界"の遊園地で手をつないだ時よりも、あるいは"七月七日の世界"の最後に手を重ねた時よりも、温かく感じられた。

心電図のモニタがピッ、ピッ、とおだやかに鳴り続ける病室のなかで、僕はやがて顔をあげた。

「青空、メモ帳とペンはある?」
「え? うん、あるよ」

青空が自分の鞄をごそごそとかき回すと、小さなメモ帳とペンを取り出した。

「どーぞ」
「ありがと」

メモ帳から紙を一枚切り取ってミニテーブルの上に置いた後、ペンを紙につけたまま、少しのあいだ静止した。
たちまち紙がインクを吸い込みにじんでしまったので、僕はあわてて紙からペンを離す。

今日は七月七日、七夕の日。

織姫星か、彦星か。
息を殺し影にひそむ悪魔か、それとも森に住む気まぐれな神さまか。

だれが願いを叶えてくれるのか知らないけれど、
緋色とみずきのふたりの願いを叶えて、僕の願いごとだけ叶えてくれないなんてとんだナンセンスだ。

まったく、まるでなっていない。

僕は、ペンを走らせる。
今度はよどみなく文字を書き終えたので、自分の文字を見直した。


『みんながしあわせに過ごせますように 西森蒼太』


僕のしあわせ。
緋色のしあわせ。

そして、村崎みずきのしあわせ。

鮮やかな色のついたこの世界で。
みんながいる、この世界で。


……神さま。
この程度のこと、叶えてくれなきゃ困るんだ。



THE END
----------

2008年 擱筆
2010/06/10 加筆修正、再公開
2014/02/07 加筆修正
2015/08/17 加筆修正


<<前のページ  【きみひとり】にもどる