ニワトリ(e)
----------

「ふたりとも、ほんとうにありがとうっ」

ニワトリを小屋にもどしたあと。
日高さんは、そう言ってぺこりと頭を下げた。

「ニワトリがあのままそとに出たままだったら、それこそ夜にヘビや野犬におそわれていたかも。山吹くんの推理力、すごかったね!」
「まさか、なぞ解きで私が遅れをとるとは」

そう言うミカミは、なぜかくやしがるどころか、満足そうな表情をしていた。

「さすが彩人だ。私も負けてはいられないな」
「よく言うよ、ミカミが僕に負けていることなんて、ひとつもないだろう? 試験の成績だって、毎度トップじゃあないか」

僕が肩を下げると、ミカミは謙遜(けんそん)するようすもなく言った。

「あんなものは、ただのデータのアウトプットだ。そんなことは機械にもできることで、なんの意味もない。
彩人は、私が持っていないものを持っている。だから私のあこがれなんだ」
「また、そんな冗談を言って……」

僕はため息をつく。

僕が持っていないものをすべて持っているのは、ミカミのほうだ。
その逆なんて、なにも思いつかない。

「あ、でも、山吹くんにあこがれるって、わかる気がするなあ」

思いがけず、日高さんがにこにことそう言った。
僕がおどろいて日高さんを見ると、日高さんはあわてたようすで手をふった。

「あ、えとっ、ほら、ミカミくんって、なんだか第一印象はちょっとこわいっていうか……っ、近寄りがたい雰囲気があるでしょ?
でも、そばに山吹くんがいると、なんだか空気がまるくなる感じで……、
クラスのみんなもそれで、ミカミくんに話しかけやすくなったんじゃないかなって……」

日高さんはうつむきながら、さらに早口で言った。

「それにっ、山吹くんがピアノを弾くと、なんだかそこだけ別世界になったみたいで、
いつまでも見ていられるっていうか……、……あ!」

それから日高さんは、はっと目を見開いた。

「ピアノで思い出した! 私、これからピアノの縫針(ぬいばり)先生のおうちに行く予定だったの!」
「え? ……縫針先生のところへ?」

僕とミカミは顔を見合わせた。



<<前のページ  【おやすみ、ノイズ】にもどる  次のページ>>