落としもの(d)
----------

ミカミは口もとに人さし指の背を当てながら、言った。

「……ピアノ弾きが、みずからその"センターピン"を交換することは?」
「まず、ない。少なくとも、縫針先生にそんなことはできない」
「それなら」

ミカミは顔を上げた。

「あの場にこれが落ちているのは、おかしい。
……調律師の服のどこかに引っかかっていたものが、なにかの拍子に落ちるでもしなければ」
「で、でもっ」

僕の声は、思わずうわずった。

「雀さんは、きのう縫針先生を発見したときに、いっしょに……」

そのとき、僕は気がついてしまった。

"雀さんは、あの部屋に入っていない"。

僕の表情の変化を見て、ミカミもうなずいた。

「そうだ。あの部屋に入っていないのに、センターピンが落ちているはずがないんだ」
「そんな……」

僕はそれきり、言葉が出てこなくなった。

まさか、あの雀さんが、縫針先生を殺した?
あのふたりの仲がわるいことなんてあっただろうか?

おかしい。
そんなこと、あるはずない。

「でも、僕……」

証拠だけを並べると、どうしても雀さんが犯人になってしまう。
それでも僕のなかで、どこか違和感をぬぐいきれなかった。

雀さんは音楽が好きな調律師で、縫針先生は音楽が好きなピアノ講師で。
ふたりが僕に向けてくれたまなざしを思い出しながら、僕は言った。

「根拠はまったく、ないんだけれど。雀さんは……、犯人じゃあないと思う」



<<前のページ  【おやすみ、ノイズ】にもどる  次のページ>>