落としもの(f)
----------

「雀さんが、行方不明?」

僕は息をのんだ。

「どういうことですか?」
「それは、さっぱりわからない。捕まるまえに逃走したのか、あるいは事件に巻きこまれたのか。
どちらにしても、きのうの事件とまったくの無関係ということはないだろう」

つまり、あの事件はまだ、終わっていないということだ。
ミカミはなにかを考えたあと、顔をあげた。

「楯岡刑事。今日、現場に鑑識は来ているか?」
「あ? ああ、来てはいるが……」

するとミカミは、あのセンターピンが入った密封袋をとり出した。

「これに指紋がついているかだけ、調べてほしい」

僕はどきりとした。
やはりミカミは、まだ雀さんをうたがっているのだろうか。

楯岡刑事は深くため息をついたけれど、ミカミの要求には従ってくれるらしかった。
センターピンを持って楯岡刑事が体育室から出て行くと、
ミカミも「すこし確認したいことがある」、と言い残し、どこかへ行ってしまった。

ふたりに待たされて、数十分。

まずははじめに、ミカミがもどってきた。
そのすぐあとに楯岡刑事ももどってくると、密封袋をミカミに返しながら言った。

「粉末法をためしてみたが、だれの指紋もついていなかったぞ」
「なるほどな」

ミカミはひとりで納得している。

「よし、彩人。行くぞ」
「ど、どこに?」

するとミカミは、すっ、と目を細めて笑った。

「作戦会議だ。犯人を捕まえるためのな」



<<前のページ  【おやすみ、ノイズ】にもどる  次のページ>>