音楽室の幽霊(c)
----------

オワルはひそひそと続けた。

「なんでも、うちのクラスの砂辺さんが昨日、学校の近くを通った時に、学校の音楽室でピアノの音が鳴るのを聞いたんだって。
日曜日は学校に、だれもいないはずでしょ?
それなのに、聞こえてきたのは子どもが弾いているようなたどたどしさで、不気味な音色だったらしいの!」
「えっと……」

僕は困惑して、慎重にたずねた。

「オワルはそういうの、……つまりお化けとか、心霊現象を信じるタイプなの?」
「ぜんぜん!」

オワルは笑顔で即答した。

「でも、砂辺さんに頼まれちゃったんだ。
砂辺さんは吹奏楽部なんだけれど、練習の時に音楽室を使うから、お化けの正体をつきとめてほしい、って!」
「……私は」

それまで黙って聞いていた翠が、静かに口を開いた。

「それがほんとうにお化けの仕業でも、いいと思うわ」
「あれれっ、翠ちゃん、どうしちゃったの? ……もしかして」

オワルがじっと、翠を見つめた。

「もしかして、翠ちゃんはもうお化けの正体がなにか、分かっちゃったとか!?」

翠は目を閉じて、なにも言わない。
彼女がそうやってなにも言わない時は、つまり肯定と同義のときだった。

オワルはうれしそうに翠に抱きついて、そのまま頬ずりした。

「すごい! さすが翠ちゃん! でも翠ちゃんがそう言うなら、もうお化けのせいでいいよね!」

オワルが無責任にもそんなことを言い出すので、僕は慌てて彼女にたずねた。

「ちょ、ちょっと、オワル。でももう、そのお化けの正体をつきとめるって、砂辺さんと約束しちゃったんだろ?」
「うん!」

オワルは、ためらいもなくうなずいた。

「でも、翠ちゃんが言うことは、ぜったいに正しいの。だからもう、これはお化けのせいなの!」
「うーん……」

僕は考えた。

翠はたぶん、この件についてはこれ以上、なにも教えてくれないだろう。
しかしいまの話を聞いただけで、ことの真相が翠には見当がついたらしい。
それなら、もっと情報量が増えさえすれば、僕にだってわかるはず。

……それに、真相がわからないのは個人的にもやもやするし。

「……お化けのせいにするにしても、一日だけ、待ってくれないかな」
「あれっ、和也はいつになく乗り気だね! うんうん、じゃあこの件は和也にゆずった、って砂辺さんに伝えておくよ!」
「え、それはちょっと……」

その時、学校のチャイムが鳴った。

「あっ、早く行かないと!うちのクラス、今日は朝の小テストがあるんだ。翠ちゃん、行こっ!」
「……ええ」

オワルが翠の手を引っ張って、あっという間に僕たちの先へと行ってしまった。
オワルと翠、そして僕とハジメはそれぞれクラスが違う。彼女たちはA組で、僕とハジメはB組なのだった。

僕は振り返ると、僕と同じように校庭に取り残されたハジメに声をかけた。

「ハジメ」
「……?」

名前を呼ばれて、ハジメは不思議そうに首をかしげた。
そんな彼に、僕は続けた。

「もしもほんとうにピアノの音がお化けのせいだったとして、その姿を"写真"に写せたらすごいよね」

"写真"という単語を聞いた途端、ハジメの目がはっと輝いた。

十家は、写真館を営んでいる。
そういったものにまったく興味がないオワルの分まで、ハジメは無類のカメラ好きで、カメラや写真の話にだけは食いついてくるのだった。

「……協力、してくれる?」

ハジメがこくこくこく、と勢いよくうなずいた。
……ひとまず、これで少しは心強くなった。



<<前のページ  【鬼隠しのポートレート】にもどる  次のページ>>