マフラー(e)
----------

結局、僕はその日、そのまま穂坂さんと登校した。
あとは授業を受けるだけだったので、翠やオワルとはそれ以降会うことのないまま、昼食の時間となった。

昼食はいつも、ハジメと一緒に教室のなかで弁当を食べる。
穂坂さんが来るかもしれない、という考えもわずかに頭をよぎったけれど、さすがの彼女も、学校内ではおとなしいままだ。

僕はいつもどおり、ハジメの机の前に椅子だけを持ち寄って、向かい合わせに座った。

無口なハジメとは、いっしょにいても特に話すことはない。
でも、彼との無言の空間は、決して居心地の悪いものではなかった。

黙々と白いご飯を箸で口に運んでいたハジメは、僕のことをちらりと見た。
そしてぼうっとハジメのことを眺めていた僕と、目が合った。

ハジメは箸をそっと弁当箱の上に置くと、口を開いた。

「……和也、オワルから今朝、なにか言われたのか?」
「え、どうして?」
「……オワル、今日は早くに出かけたから……、それにA組のクラス対抗の朝練にしては、怒った顔をしていたし。
和也は和也で、なんだか考えごとをしているみたいだ。だからオワルが和也になにか言いに行ったのかと思ったんだ」

それから気まずそうに、ハジメはうつむいた。

「穂坂とのことを、なにか言われたのか?」
「……うん。……って、結構知られているものだね。うわさが広がるのって、ほんとうに早いんだ」

僕もそう言って、箸を置いた。

「オワルに、きらいだと言われてしまった。彼女は、僕と翠が付き合うことが最良だと、信じている」

オワルは翠の側に立っている。
彼女から見れば、翠にとって、僕が必要な存在に見えるのかもしれない。

「でも僕は、翠を選ばないどころか、……下の名前も知らない穂坂さんの告白を、受け入れてしまった」

今思えばそれは穂坂さんにとっても、不誠実な態度だったと思う。
オワルじゃあなくても、僕を非難するだろう。

「……俺は」

その時、ハジメが口を開いた。

「俺は、和也のことが好きだよ。素直じゃあないところも、こうして俺なんかに優しくしてくれるところも、
それでいていつか、ふっと消えてしまいそうに、どこか危ういところも。
和也がなにを選ぶのかは、和也の自由だ。俺はその選択の先に、和也のしあわせがあればいい、って」

ハジメはわずかに笑った。

「……そう思っているから。俺になにかできることがあったら、いつでも言って」

最近、ハジメの話し声を聞くことが増えたな、と僕は思った。
無言の空間もいいけれど、ハジメが話しているのも、悪くはないな。

ハジメは再び箸を手に持つと、一口だけ、白米を口に運んでから言った。

「それにオワルも、ただの天邪鬼(あまのじゃく)なだけで、鬼無里のことと同じくらい、和也のことが好きだよ」
「……どうしてそう思うんだ?」
「そのくらいわかるよ。だって俺たち、双子だよ?」

そう笑ったハジメは、たしかにオワルにそっくりだった。



<<前のページ  【鬼隠しのポートレート】にもどる  次のページ>>