発足(c)
----------

時刻は少しもどり、その日の朝。
月見坂(つきみざか)学園高等部、二年A組の教室は、朝のホームルームの時間をむかえようとしていた。

学年が変わってから二ヶ月ほどが過ぎ、生徒たちはすっかり新しいクラスになじんでいる。

このクラスの生徒のひとり……高校二年の西森蒼太(にしもり そうた)は、
そんなクラスメイトたちのことを、いちばんうしろの席からぼんやりとながめていた。

卒業して数年もしたら、この光景も懐かしく思えてきたりするのだろう。
しかしいまはまだ、その感覚を想像することはむずかしい。

そうやって物思いに耽(ふけ)りながらも、いつもと変わらない一日が始まるはずだった。
……その日、副担任の兎沢小雨(とざわ こさめ)がひとりの生徒を引き連れて、教室に入ってくるまでは。

「とつぜんだけれど、今日からみんなといっしょに勉強することになった子よ」

兎沢は、長い髪をうしろでひとつにくくり、パンツスタイルに白衣をはおっている。
めがねをかけていて、その顔にはいつもうすい笑みを浮かべている、とらえどころのない女性だ。

彼女の本来の役目は養護教諭で、ふだんは保健室にこもっている。
その雰囲気は"保健室の先生"というよりも、どちらかというとミステリアスな研究者だった。

そんな兎沢が黒板の前に立たせたのは、
明るい色の髪をハーフアップにした、同じくめがねをかけた男子生徒だった。

見たことのない生徒をまえにして、教室のなかはいっせいにざわめきに包まれる。
兎沢はにこにことしながら、生徒に声をかけた。

「宮下君、簡単に自己紹介をしてもらってもいいかな?」
「はい」

生徒もにこ、と兎沢にほほえみを返すと、クラス全体を見渡して言った。

「ぼくの名前は、宮下緋色(みやした ひいろ)といいます。
家庭の事情で月見坂学園に転入してきました。どうぞよろしくお願いします」

快活そうでいやみもなく、中性的な雰囲気だ。
クラスの女子たちはさっそく、ひそひそとなにごとかをうわさしている。

「えっと、じゃあ宮下君は……、西森君のとなりの席に座ってくれる?」
「はい、わかりました」

思いがけず指をさされ、蒼太はびくりと肩をこわばらせた。

緋色はすたすたとこちらに向かって歩いてきたかと思うと、
椅子に座っていた蒼太の顔をひょい、とのぞきこんだ。

「きみが西森君? これからどうぞよろしくね」

緋色はそう言って、笑った。



<<前のページ  【逆さまの神様】にもどる  次のページ>>