発足(e)
----------

正午を過ぎたころ、玲花は図書館に入(い)り浸っていた。

朝本に見せるつもりだった仮の原稿と、
そのほかにも収集していた資料を机の上に大きく広げて、ひとりでうなる。

玲花が追っているのは、先月に起きた"豪華客船殺人事件"だ。

この事件について、マスメディアが報道したものといえば、
『殺人事件が起きた』というだけの、無味乾燥で、ばくぜんとした報告のみ。
その報告さえも、事実かどうかは疑わしい、と玲花は考えていた。

それでも、まずは公にされている情報を、あらためて整理してみる。

事件が起こったのはクルーズ客船"四葉"の船の上で、死亡したのは次の五名。

村崎幸治郎(むらさき こうじろう)、旅館"あやめ"の支配人。
黒野都子(くろの みやこ)、同じく"あやめ"の支配人補佐。
塩原優一(しおはら ゆういち)、"しろくま病院"の院長。
佐藤啓祐(さとう けいすけ)、"シャムロック・パーク"の施設長。
高松海風(たかまつ みかぜ)、赤月財閥の使用人。

……犯人は、このなかの佐藤啓祐という男だ。彼はすでに、船の上で自殺をしている。
凶器はサプレッサーのついた銃器で、被害者はひとりずつ銃殺されたとのこと。

どれも個室での犯行だったので、
ほとんどの乗船客は船からおりるまで、事件が起こっていたことにさえ、まるで気づかなかったらしい。

犯行動機は明らかになっていない。
自殺した佐藤の遺書も見つかっていないという。

……事件の情報は、そこで終わりだ。

しかし、この事件がこれ以上報道されないように、マスメディアに圧力をかけた者がいると仮定すると、
容易に浮かび上がってくるひとつの組織がある。

それは現在、財政界において絶対的な権力をもっている、巨大な組織"赤月グループ"だ。

なぜなら、この豪華客船で行われていたのは、"赤月グループ"が主催する、招待制のパーティだったからだ。
つまり、死亡者全員も、この赤月グループと関係のある人間たちだったということになる。

(でも、もし赤月が関わった事件だったとして……、こんなあからさまに事件を起こすかしら)

赤月グループには、ただでさえ黒いうわさが多い。
いくら赤月のちからである程度の事件はもみ消せるとはいえ、人間を始末するなら、もっとスマートにできそうなものだ。

考えられるひとつとしては、事件が捏造(ねつぞう)されている可能性。
つまり、もっと大きななにかを隠蔽(いんぺい)するために生み出された事件だということ。

もしくは、見せしめ。
……いま生きているだれかに対する、警告か。



<<前のページ  【逆さまの神様】にもどる  次のページ>>