取材(c)
----------

ほどなく運ばれてきたのは、"特盛オムライスチーズカレーセット"だった。
その量の多さに朔之介と新弥は「げっ」と声をあげたものの、これはなんとかクリアした。

しかし、そのあとに運ばれてきた"超特大チョコレートパフェ"をまえにして、すぐに白旗をあげた。

「六路木さん、無理しなくていいんですよ……?」

朔之介は、もくもくとチョコレートパフェを口に運び続ける玲花に、おそるおそる声をかけた。
しかし玲花は特に表情を変えることもなく、自分のぶんのパフェをあっという間に平らげた。

玲花はナフキンで口もとをぬぐいながら、言った。

「頭を使うとすぐおなかが空くので、平気です。
……あなたたちのぶんも食べてもいいですが、あまいものだけだと飽きるので、塩味のあるものを追加してもいいですか?」

玲花のその発言に、ふたりは恐怖を覚えたのだった。

+++++

朔之介と新弥のふたりとわかれた玲花は、書類の束に目を落としながら、町のなかを歩いていた。

空はすっかり暗くなっていたが、電灯や繁華街のネオンの明かりのおかげで、道路の上は明るい。

(……姫野ミカミ、か)

赤月桜子と同じ同好会に所属していたのなら、いまでも連絡ぐらいなら取り合っているかもしれない。

赤月誠が転校していたことには少々がっかりしたが、
"姫野ミカミ"はもしかすると、新たな情報源になるかもしれない……。

そのとき、

「……きゃっ!?」

考えごとに没頭していた玲花は、通行人とすれちがいざまに肩をぶつけてしまった。
その拍子に、手からはなれた書類が道路の上に散らばった。

「ご、ごめんなさい……!」

玲花があわてて頭をさげると、玲花とぶつかった通行人の男は、律儀にも玲花の落とした書類を拾い集めてくれた。

「あの、ありがとうございます」

玲花がお礼を言って相手の顔を見ようとしたが、男の顔は帽子にかくれてよく見えない。
男は拾った書類を玲花に押しつけると、なにも言わずにそのままどこかへと行ってしまった。

男のうしろすがたを見送りながら、玲花は首をかしげた。

「……ずいぶん、シャイな人ですね」

そのとき、ふとうす汚れた看板が目に入った。
それが目に留まったのは本当にぐうぜんで、ふだんならまったく気にしないような文字だった。

そこに書かれていたのは"深神探偵事務所"。

…"フカガミ"探偵事務所、だろうか?

いままで思いつかなかったけれど、
ダメもとで探偵に依頼してみるのも、わるくはないかもしれない。

玲花は腕時計を見る。時刻はもう二十時を過ぎていた。

……今日はもう遅いから、あしたにでもこの探偵事務所ものぞいてみよう。



<<前のページ  【逆さまの神様】にもどる  次のページ>>