取材(f)
----------

玲花は空調の効いた図書館の一角で、鞄のなかをひっくり返していた。

「おかしい、一枚足りない……」

メモしたはずの書類がどうしても見つからない。
もしかすると、きのう人とぶつかったときに、なくしてしまったのかもしれない。

一瞬、編集長の朝本に怒られる場面を想像して、あわてて首をふる。

「……あの会社は、もう辞めたんだから」

しかし、いままでは自分のミスの責任も朝本が背負ってくれていたことを、玲花はいまさらになって気がつき始めていた。

きのう会社を飛び出してから、会社にはなんの連絡もしていないし、なんの連絡もきていない。
無断欠勤あつかいかもしれないし、すでにクビになっているかもしれない。

どちらにしても、いまからなに食わぬ顔で仕事に復帰することはむずかしい。

……この事件の原稿が書き終わったら、それを朝本に渡してきちんと会社を去ろう。
たとえその原稿が使われず捨てられたとしても、それでいい。

やり始めたことは、最後までやる。
それだけだ。

玲花はうで時計で時間を確認すると、十五時を回ろうとしていた。

「……もうこんな時間か」

結局"姫野ミカミ"についても、自分で調べてわかるようなことはなにもなかった。
在学中にあれだけ存在感をはなっていた彼も、卒業後の消息は不明なのだった。

きのう見かけた、"深神探偵事務所"。
やっぱりあそこに、頼ってみよう。

玲花は書類を鞄につめこむと、深神探偵事務所へと向かった。



<<前のページ  【逆さまの神様】にもどる  次のページ>>