気配(f)
----------

どこかに電話をかけていた緋色は、電話を切ったあとに蒼太を見て、困ったように笑った。

「あおちゃんに、先に校内を案内してもらっていて助かったね」

それから、すう、と目を細めると、廊下の向こうへと視線を向けた。

「……あおちゃんにはわるいんだけれど。ぼくはあえて、犯人との遭遇をはかりたいと思うんだ」

蒼太はおどろいて、目を見開いた。

「それは……、どうして?」
「ぼくにとっては、犯人のすがたは見えないより、見えていたほうがいいんだ。……ぼくは、"深神先生の助手"だから」

緋色は自信に満ちた顔でほほえんだ。

(深神先生って、……さっき電話をしていた相手のことか? それに、助手って……?)

蒼太には、もはやなにがなんだかわからなかった。

しかし、今後もこの笑顔に逆らえなくなるような予感はしていたし、
その予感がはずれることもなかったのだった。



<<前のページ  【逆さまの神様】にもどる  次のページ>>