気配(h)
----------

「ぼ、僕たちはどうしよう?」
「どうするもなにも、もうどうしようもないじゃん、亀ヶ淵」
「下水流さん、それもう開き直ってるでしょ……」

最後に二階の教室に残された新弥と詩良は、どこに行けばいいものか、思案していた。

「僕はこういうとき、無闇に動かないほうがいいと思うんだけれど……」
「あたしもそう思わなくもないけれどさ、少なくとも犯人は少しまえまで、放送室にいたわけじゃん?
おんなじA棟にとどまるっていうのは、不安ではあるね」

言いながら詩良は、近くの椅子に腰をかけた。

「ただ、B棟に行くにしても、あの丸見えの通路じゃねえ……」
「B棟に行かないにしても、上の階のほうが見晴らしがいいし、ここよりも上の階に移動したほうがいいんじゃ……?」
「……って犯人が考えて、同じように上の階に向かったら?」

詩良に言われてしまい、新弥はだまりこんだあと、ぽつりと言った。

「……これがゲームだったら、簡単だったのに。
理不尽なルールさえあれば、失敗したって、人のせいにできるんだけれどね」
「? ……どういう意味?」
「キャラクターを動かすよりも、自分を動かすほうがむずかしい、……ってことだよ」
「そうかなあ。あたしは気楽でいいと思うけれどなあ」

そして詩良は椅子の背もたれに寄りかかって、天井を見上げた。

「……そもそもこういうのって、神さまが用意したゲームなんじゃあないかなって思うんだよね。
喜劇とか悲劇とかそういう高尚な話でもぜんぜんなくて、
神様にとってはただのひまつぶしのためだけのゲーム。それで、あたしたちは使い捨てのコマでさ」
「……もしそうだとしたら、僕たちはどうして、生きているんだろう」
「"生かされている"のまちがいじゃない?」

詩良はふっと笑って立ち上がると、教室の入り口のほうを見た。

「……それでも、長生きはしたいんだよね」

同じように新弥も扉のほうへ目を向けて、それからぎょっとした。
そこには、見知らぬ男が音もなく立っていた。



<<前のページ  【逆さまの神様】にもどる  次のページ>>