もり(a)
----------

ふたりから事情を聞いた郵便屋は、ゆるやかにうなずいた。

「そうですか。……ふたりとも、記憶をなくしてしまったんですね」

そう言いながらも、郵便屋は一度も足を止めない。

郵便屋は、森のなかにずいぶんとくわしいようだった。
あとに続くに気を使いながらも、 しっかりとした足取りで、落ち葉の上をさくさくと歩いていく。

「あの、郵便屋さん」

は木の根に足をとられないように注意をしながら、郵便屋に声をかけた。

「この森は、どんなところなんですか? なんだか、その……ぼくたち以外に、人の気配がしないですが」
「この森には古い言い伝えがあって、そのせいで街の人たちはほとんど、この森に近づこうとはしないのです」
「……人が近づこうとしないなんて、そんなにこわい言い伝えがあるんですか?」

はそう言って、表情をくもらせた。

「……わたしたち、そんな森のなかに入ってきちゃったんだ。もしかして、わたしたちの記憶がないのと、なにか関係が……」
「あるかもしれないし、ないかもしれません。……でも、その言い伝えの話はまたあとで」

郵便屋はそう言うと、はじめて足を止めた。
気がつけば、先ほどまで手入れがまるでされていない地面の上を歩いていたはずが、
あきらかに人の足で踏み固められた土の道に変わっていた。

「……見えてきました。あの街が、僕の住む街です」

郵便屋に言われるまま、たちは木々のあいだにのぞいた景色を見下ろした。

白色の壁に、赤茶色の屋根の建物が立ち並んでいる。
街のまわりは森や山に囲まれていて、その一角には海が見えた。

郵便屋はふたりをふり返ると、にっこりと笑った。

。……"ライナスの街"へようこそ」



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>