ほん(c)
----------

「手紙の配達は、次で最後です」

家を出てくるときはぱんぱんだった郵便屋のカバンも、いまではすっかりぺしゃんこだ。
あたりも暗くなってきて、次々と街の家の明かりがともされていく。

は、郵便屋にたずねた。

「最後はどこへ行くの?」
「街のすみに住んでいる、ルイスという医者のところへ行きます。アルノから手紙をあずかっているんです」

それからしばらくして、たちはルイスの家にたどり着いた。
ルイスの家は、粗末なくらいに質素で、小さな家だった。

「……ルイスさんっていう人は、この小さなおうちで患者さんの治療をするの?」
「いいえ。彼は患者のもとへとおもむいて治療を行う医者なので、この家は純粋に彼の住まいです。
この街にはほかに施療院があって、動ける元気がある人や、逆に入院が必要な重症の患者は、そちらで治療を受けます」

それから郵便屋は、家のとびらをとんとん、とたたいた。

「ルイス、いますか? フィリーネさんへの手紙を持ってきました」

しばらくして、メガネをかけた無愛想な男が家から出てきた。

「……なんだ、この娘は?」

じろりとにらまれて、はあわてて頭を下げた。

「あっ、わたし、と言います!」
「ルイス、彼女は今日から僕の家で暮らすことになったんです。
、彼がこの家に住んでいる、医者のルイスですよ」

にこにこと笑う郵便屋とは対照的に、ルイスと呼ばれた男は深いため息をついた。

「……そんなに同居人を増やして、どうするつもりだ?」
「あはは、にぎやかなほうが楽しいじゃあないですか。……あ、この手紙、フィリーネさんに……」
「手紙を届けるのはおまえの仕事だろう、郵便屋」

そう言って、ルイスはふい、と家のなかへと入ってしまった。
郵便屋は、こっそりとに耳打ちした。

「どうぞなかへ入って、だそうですよ?」
「い、いいんですか?」
「だいじょうぶです、彼なりの歓迎ですから」

にっこりと笑う郵便屋に連れられて、はこそこそとルイスの家へと足を踏み入れる。

「ところで、その、フィリーネさんってだれですか? もしかして、ルイスさんの奥さん……」
「あはは、ちがいますよ。フィリーネさんは、こちらの部屋にいます」

そう言って、郵便屋は家へ入ってすぐ、右の部屋のとびらを開けた。



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>