ゆめ(b)
----------

「きみが森の呪いにかかっている、って……」

はおどろいて、ベルナデットを見た。

「じゃあ、きみも記憶が? それに、森の神さまに願いを叶えてもらったの?」
「いや……、"記憶を失うこと"が代償というわけではない。願いの代償は、"永遠の悪夢"を与えられることなんだ」
「悪夢……」
「そうだ。だから人それぞれ、与えられる悪夢がちがう。私に与えられた"悪夢"は……」

そう言って、ベルナデットは夜空を見上げた。

「……それは、あしたになってから、にも実際に見てもらったほうがはやいだろう」

+++++

そのころ、は一足はやく、ベッドで眠りについていた。
そして眠りのなかで、ゆめを見た。

それは郵便屋のゆめだった。

郵便屋が、の見たことがない少女と笑い合っている。
ふたりはとても楽しそうで、ふたりの笑顔は水面に映る光のつぶのように、きらきらと輝いていた。
それだけで、きっと彼らは、おたがい好き同士なんだろう、ということがにもわかった。

はしばらくのあいだ、ぼんやりとそのふたりの様子をながめていた。

(あの女の子……)

少女の笑顔を見ながら、は思った。

あの女の子、……わたし、どこかで見たことがある気がする。



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>