ゆめ(c)
----------

次の日の朝。
あとから食卓に入ってきたベルナデットを見て、アルノとロミィがぎょっとした。

「えっ、郵便屋、……この人、だれだよ?」

アルノが言って、がおどろく。

「アルノくん、どうしたの? この人はベルナデットさんでしょ」
「なんだ、の知り合いなのか? きのう知り合ったのか?」

それはどうやらじょうだんではないらしく、アルノとロミィはベルナデットの存在に、本気でとまどっている。
その様子を見て、が不安げに声をあげた。

「も、もしかしてアルノくんたちまで記憶喪失になっちゃったの?」
「んなわけないだろ、気味のわるいこと言うなよ……」

とアルノがそんな話をしているあいだも、ベルナデットはすました顔をして食卓についた。

(……もしかして)

がベルナデットに視線をやると、視線に気がついたベルナデットが、わずかにうなずいた。

+++++

朝食後、はふたたび、ベルナデットと街へ出た。
広場のベンチに腰をおろすと、ベルナデットは、ふ、と短く息をはいた。

「……これが私の"悪夢"。私は日づけをまたいで、人の記憶にとどまることができないんだ。
こんな暮らしをもう数十年続けてはいるが、目(ま)の当たりにすると、まだこころが痛む」
「す、数十年?」
「"永遠の悪夢"だからな」

にわかには信じがたい話だけれど、この話がほんとうなら、街の人たちが森をおそれるきもちも、わかる気がする。

「そう、そしてたしかにこれは森の神さまと取り引きした結果のはず、なんだが……、
私は神さまにどんなことを願ったのか、思い出せないんだ。
だからもうずっと、自分の願ったことはなんだったのか、この街で探している」
「ベルナデットは長いあいだ、苦しんできたんだね……」

そこでは、はっと気がついた。

「……待てよ。きのう、郵便屋さんはベルナデットのことを"知っていた"よね?」
「ああ。彼も呪いを受けたひとりだからな」

あっさりとベルナデットが言った。

「そしてまた、おまえたち兄妹も私のことを覚えていた。
……記憶を失ったことがおまえたちに与えられた"悪夢"なのか、それともまだなにか裏があるのか……」
「ちょ、ちょっと、なんだか衝撃的なことが多すぎて、ぜんぶ受け止められないよ。
ぼくたちが記憶を失ったことなんて、ほんとうに些細なことだ。
もし記憶がもどらなくたって、これから新しく思い出を作っていけばいい。
でも、ベルナデット。きみの呪いは……、あまりにも、かなしすぎる」
「私は、それでもいままでは、あの郵便屋がいてくれたから」

ベルナデットはしずかに言った。

「なんとかやってこれた。でも、彼は……」
「そ、そうだ。彼の呪いって、いったいどんなものなの?」
「彼は、負の感情を失った」

ベルナデットは目を伏せた。

「わかるか? ……大切な人に自分のすべてを忘れられても、かなしむこともできない呪いなんだ」



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>