なぞ(c)
----------

が走ってやってきたのは、あの森だった。
ふたりはいちばん最初に自分たちが気がついたあの場所までやってくると、立ち止まった。

「森の神さま!」

が大声でさけんだ。

「いるなら、出てきて!」
「話があるんだ」

も言った。

「あなたと話がしたい。すがたを見せてくれないか」

しかし、反応らしいものはない。
小鳥のさえずりがのどかに聞こえてくるだけだ。

それでも、ふたりはあきらめなかった。

「ぼくたちの友人があなたに願いを叶えてもらって、代わりに悪夢を与えられたという。
悪夢を見せているのは、ほんとうにあなたなのか?」

は、ゆめのなかで見た神さまのすがたを思い描いていた。
そうだ。ここに、この森に、たしかにあの神さまはいた。

どんなきもちでこの森にいるんだろう、とはふと思う。
だれも寄りつかない森で、何年も、何十年もひとりで過ごして。

そう考えると、はもう神さまのことを、こわいとは思わなかった。

は一歩、足を前へと踏み出した。

「あなたに会いたいの。……"お願い"」

その瞬間、ざあ、と強い風が吹き、はとっさに目を閉じる。
そのあと、チリン、と鈴のような音がかすかに聞こえた。

やがて風がおさまって、ふたりがおそるおそる目を開けると、

『……、やあ、また会ったね』

目の前に立っていたのは、郵便屋だった。



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>