なぞ(d)
----------

「いや……、ちがう。あれは、郵便屋さんじゃない」

は目をこらしながら、言った。
彼のすがたは郵便屋とよく似ている……どころか瓜ふたつだが、様子がおかしい。
笑いかたが、郵便屋のものとはまったくちがうのだ。

目の前の彼の笑いかたはどこか、いたずら好きの子どものような笑みだった。

「……あなたが、森の神さまなんだね?」

がたずねると、郵便屋によく似たその人は、ますます深く笑った。

『そうそう、神さまだよ。おどろいたっしょ? 俺、神さまだから、どんなものにもなれるんだ』

そう言うと神さまは、一瞬で""のすがたに変わった。
神さまはそのまま、ふわりと浮かんで宙返りをした。

『まあ、かたちなんてなんでもいいんだけれど。それで、なに?』
「あの、神さま。わたし、さっきうっかり神さまに"お願い"しちゃったんだけれど、……アウト?」

が小声でたずねて、神さまはため息をついた。

『さすがにあんな小さな願いで、いちいち悪夢を与えてもいられないよ。いまは、代償なしで話を聞いたげる。
……まあ、キミたちはちょっと特別っていうのもあるんだけれどね』
「特別って、どういうこと?」
『聞きにきたことは、もっと別のことだったんじゃないの?』

神さまはすう、と目を細めた。

『ホラ、はやくしてよ。生産性のない会話はきらいなんだよ』

とたん、まわりの空気ががらりと変わる。
静電気のようなぴりぴりとした感触が、たちのからだにまとわりついた。

どうやら森の神さまは気が短いようだ。
は、ごくりとつばを飲みこんだ。

「……じゃあ、聞くよ。郵便屋さんとベルナデットにかけられた呪いを、解く方法はないの?」

がたずねると、また神さまは笑い出した。

『呪いじゃないってば、"悪夢"だよ。まあ、ゆめなんだから、目覚めればいいだけじゃない?』
「……! 方法が、あるんだ!」
『さあ、それはどうだろうね』

そのとき、が「あ」、と短く声をあげた。
神さまはが夢のなかで見たときと同じ、少年のすがたに変わったのだった。

『実はキミたちからは、代償のほうを先にもらっているんだ。
だからキミたちが彼らの目を覚まさせたいと"願う"のなら、俺はキミたちの願いを叶えてやってもいい』
「……じゃあ!?」
『ただし、条件がある』

にやにや、と少年のすがたの神さまが笑う。

『それにはまず、キミたちが目を覚まさないとね。
キミたちに与えた悪夢は、もちろん記憶を失うなんてものじゃない。
記憶を奪ったのは、キミたちに自分の悪夢を当ててもらうゲームをしてもらうため。
自分たちがどんな悪夢を見ているのか、それがわかったらまたここにおいでよ』
「悪夢……」
『……あいつらは、すぐあきらめるからつまらないんだよ。
郵便屋はあんな調子だし、ベルナデットは結局、自分がなんの願いを叶えてもらったのか、思い出せなかった。
だからキミたちには』

神さまはにこ、とかわいらしく笑った。

『悪夢を死にたくなるほどに自覚した上で、永遠に苦しんでもらわないとね』

あたりがしん、としずかになった。
そんななか、がおずおずとたずねた。

「ねえ、神さま」
『なんだよ?』
「どうして、取り引きの代償は、"悪夢"なの?」

すると神さまは、すこしおどろいたような顔をした。
それからわずかにあごを引いて、言った。

『……それが世界のルールで、俺の役目だから。
ルールを破れば、俺のちからはどんどんなくなっていって、やがて消滅する』

そして神さまは、ちっと舌打ちをした。

『つまらない話をさせるなよ。いまのは忘れろ。
……俺はただ、キミたち人間が苦しむすがたを見ることができれば、それでいいんだからさ』



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>