おねがい(b)
----------

「神さま……って、もしかして森の神さまのこと?」
「し、知ってるですか!?」

それから少女は、近くに置いてあった自分の荷物を、ごそごそとかき回した。

「あたし、"さゆ"が名前です。……これは、旅に出た父から届いた手紙です」

封筒から出てきたのは、折りたたまれた薄い紙だった。
そこには筆で、たて書きに文字が書かれていた。

「この紙……」

触ってみて、はっとする。
これは、植物から作られる"こうぞ紙"だ。ぼくはこの紙の手ざわりを知っている。

「父は行方不明で、手がかりはその手紙しかないです。
その手紙には"神さま"について、書かれていました。
この土地にはどんな願いも叶えてくれる神さまがいるようだ、……これで悲願が叶うかもしれぬと……、
……でも、それ以降、手紙は二度と届きませんでした」

それからサユは、封筒に押された印を指さした。

「送られたのは、この街からでまちがいないです。この印と同じ印章、この街の郵便局で見たですから」
「え……」

この街の郵便局というと、郵便屋の家のことだろう。
はおどろいて、サユを見た。

「じゃあ、きみが郵便屋さんの家を荒らした犯人だったのか!」

がそう言うと、少女はびく、と身をすくませた。

「……つかまえますか? あたし」



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>