おねがい(d)
----------

森へと引き返しながら、は神さまに言った。

「……かーみさまっ」
「な、なんだよ……?」

神さまは、にこにこ顔のを見て、思わず後ずさった。
そんな神さまに、が笑顔のままにじり寄った。

「これからわたし、神さまのお願いを聞くんですから、もちろん、それなりの代償は払ってくれますよね?」

の言葉に、神さまはおどろいたようだった。

「え、ええ……!? そ、それは……」
「だって、こんな一方的な取り引きなんて、不公平ですよね? さあ、はやくみんなを悪夢から覚ましてください!」
「いや、さすがにそこまではできないけれどさ……」

神さまはうんうんとうなって悩み、そのあとふう、とため息をついた。

「……ベルナデットは、自分がどんな願いを叶えてもらったのか、覚えていない。
いままで長いこと、そんな身に覚えのない願いのために代償を支払い続けるはめになって、いい迷惑だと思っていただろうさ。
ほんとうは彼女にも自分の悪夢を当ててもらいたかったんだけれど、もうおわりだ。
……あした、ベルナデットが目を覚ましたときに、ベルナデットの記憶を一部だけもどしてあげよう。
もどった記憶からベルナデットがなにを語るも、それは彼女の自由だけれど、
……うまくいけば、キミたちの記憶を探る、手がかりになるかもね」
「さすが神さま! ありがとうございます!」

は手をたたいてよろこぶと、それから首をかしげた。

「でも……そこまでしての"お願い"だなんて、いったい森で、なにが起きたっていうんですか?
森の神さまでさえ対処できないことを、わたしなんかがどうにかできるのかな……」
「だいじょうぶ、だいじょうぶ。にならできるって俺、信じてる!」

無責任にもそう言うと、おもむろに神さまが手を差し出した。

「……さて、この先は森だ。めんどうだから、手を出して」

話しながら歩いているうちに、いつの間にか森に着いていたようだ。
の足はすでに森の土を踏んでいた。

言われるままに、は手を差し出した。
そして神さまと手が触れた瞬間、ふわりとからだが浮かぶ感覚があり、
次の瞬間には森の奥深くへと足をおろしていた。

『……になんとかしてもらいたいのは……"あいつ"だよ』

神さまは、もうすっかりもとの神さまのすがたにもどっていた。
そして神さまが"あいつ"と呼んだそれは、大きな木の幹にもたれて腰をおろしていた。

顔に奇妙な模様があるものの、すがたかたちはふつうの青年だ。
でも、衣服が変わっている。この街では見たことのないデザインで、なんだか材質も固そうだ。

青年は神さまとを認識すると、にこ、と笑った。
神さまはその笑顔を見て、身ぶるいをした。

『……あいつ、空から降ってきたんだよ。信じられるか、そんなこと?
それに俺、神さまなのに、なんでかあいつを森から追い出すことができないんだ。
こんなこと、いままでなかったのにさ……、だから、にはあいつを森から連れ出してほしいんだ』
「言葉は、通じるんですか?」
『最初はなにを話しかけても、きょとんとしていたんだよ。
でも、なんか次第に、俺の言った言葉をくり返すようになったりして、それがまた気味がわるいんだよ……』

は青年に近づくと、腰をおろしたままの青年に話しかけた。

「えっと……はじめまして。わたし、といいます」

あいさつをされた青年は、一度まばたきをすると、と同じ音の高低で発話した。

「……はじめまして。わたし、"フミ"といいます」
『ぎゃッ!? とうとう名乗りだした!!』

神さまが、おどろいてのうしろへと隠れた。

フミはその反応に対してそわそわと、困った顔をしている。
それから、そっと手をに差し出してきた。

「……握手、するの?」

が聞くと、フミはにこにこと笑顔を返してきた。
はおずおずと、フミの手をにぎってみた。

手袋をしているフミの手は、すこしかたさがある。
それからフミはの手を、そっと自分の左胸へと持っていった。

は手のひらの感覚を意識してみて、はたと気がついた。

「……心臓の音が、しない……」

そしては気がついた。
"これ"は、人じゃあない。キカイの仕掛けで動く人形だ。

はフミを見つめたまま、言った。

「……あなた、もしかして……"ロボット"?」



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>