あめふり(a)
----------

明くる日。
夜から降り出した雨は、まだ止むことがなさそうだった。

はベルナデットの様子が気になって、はやめに食卓をのぞいてみたが、
そこにベルナデットのすがたは見当たらなかった。

「おや、。おはようございます」
「郵便屋さん、おはよう……、あの、ベルナデットさんは?」
「朝はやく、出かけていきましたよ。今日はこの家にもどらないとか」
「あ……なにか、変わった様子はありませんでしたか?」
「? いえ、特には……」

は、だんだんと不安を感じてきた。
……もどった記憶が、もしもベルナデットをさらに苦しめることになっていたら、どうしよう。

+++++

「お兄ちゃん、わたし、ちょっとベルナデットさんを探してくる」
「あれ、今日はいないんだ?」
「うん、ちょっと……」

は、同じ部屋を借りている。
きのうからはさらに、そこにフミも加わって、すこしにぎやかな部屋になっていた。

「私もいっしょに探します」

フミが言って、が苦笑して首をふった。

「……ううん、フミはお兄ちゃんといっしょにいて。
ベルナデットさんと、ふたりで話したいこともあるから」

そう言うと、はぎこちなく部屋を出て行った。
ふしぎそうにのすがたを見送ったフミに、が声をかけた。

「……きのう、ふだんはこの家に住んでいる、アルノっていう男の子のおばあさん、フィリーネさんが亡くなったんだ。
アルノのことも気がかりだし、ぼくはこのあとフィリーネさんのところに行くけれど、フミはどうする?」
「私も行きます。別れはかなしいことですが、きちんとしなければいけません」

フミの言葉に、はふと、考えた。

(そういえば、この"フミ"を創った人が、宇宙のどこかにいるってことだよな)

フミもその人と別れて、ここへとやって来た。
……別れのとき、ロボットのフミも、そのことが"かなしい"と感じたのだろうか。



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>