こたえ(b)
----------

その日の午後。
たちはフィリーネの葬儀のため、聖堂をおとずれていた。

聖堂に集まった人間はそう多くはなかったが、だれもが黒色の装いをしている。
この街では、葬儀のときにはみんな、黒い服を着るのだという。
たちも、郵便屋が借りてきてくれた黒い服を着ていた。

フィリーネの棺は、祭壇のまえに置かれていた。
周囲の人間たちにならって、も棺のまえで黙祷をする。

そのあと、参列者ひとりひとりの献花が行われると、棺は聖堂の外へと運ばれていった。
たちの目のまえで、棺は墓地に掘られた穴に置かれ、土がかけられていく。

は胸に手を当てた。

(さようなら、フィリーネさん……)

やさしく笑う人だった。
もっと、その笑顔を見ていたかったけれど……

は郵便屋がどうしているのか、気になった。
そしてふり返ろうとしたところで、視界のはしに見覚えのあるすがたを見つけた。

わずかに口をへの字に曲げて、こちらの様子をうかがっている少年。

「……か、神さまっ!」

は、思わず大きな声をあげてしまった。
その声に、その場にいた全員が神さまをふり返り、
神さまはおどろいて、その場からいきおいよく逃げ出した。

「ま、待って、神さま!」

反射的にはその後を追いかけた。
しかし神さまは、どんどん先へと行ってしまう。

「ど、どうして神さまが街に……!?」

が言って、が答える。

「……わからない! でも、もしかすると、フィリーネさんの葬儀を見に来たのかも……!」

自分が一度生き返らせた人間が、もう一度死んだ。
……フィリーネさんが葬られる瞬間を、神さまはどんな思いで見ていたのだろう、とは思った。



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>