こたえ(f)
----------

そのあと、フィリーネの葬儀がすべて終わると、
郵便屋はアルノとロミィのことをルイスにあずけた。

そして、郵便屋、ベルナデット、フミ、そして神さまは、そろって森にやってきていた。

『……こんなときだから言うけれどさ』

神さまが、ぼそりと言った。
木漏れ日はやさしく、神さまの上にふり注いでいる。

『こんな世界なんて、俺にとっては悪夢だと、ずっと思っていた。
俺は願いを叶えることでしか人とは関われないってのに、関わった人間はみんな不幸になるんだからさ』

そして神さまは、のことを見た。

『でも、キミたちはちがった。キミたちがこの世界に来たことは悪夢だったはずなのに、
キミたちはずっと、楽しそうにしていた。だからそんなキミたちを見ていて、俺もうれしかった。
……キミたちやベルナデットの記憶をうばったのは、もとの世界を思い出して、さびしい思いをしないように。
そしてずっと記憶をもどせなかったのは、もとの世界に帰ってほしくなかったから』

それを聞いて、ベルナデットが笑った。

「そんなことだろうと思ったよ。
もちろん、私は記憶がもどってすっきりはしたが、期待していたような記憶ではなかったからな。
……きっと長いあいだ、私は記憶を失うことで守られていたんだろう、……とは考えていた」
「神さま。……あなたにずっと、言いたいことがあったんです」

郵便屋が口を開いた。

「僕は、あなたに願いを叶えてもらったことを後悔はしていません。
でも、ずっとあなたには、申しわけなかったと思っていました」

そして神さまの両肩に手を置くと、神さまの目線に合わせてほほえんだ。

「あのとき頼ってしまって、ごめんなさい。
そしてこれからは、あなたの永遠に、ぼくたちがつき合います」
『……は?』

神さまが、ぽかんとして郵便屋を見た。
郵便屋とベルナデットは、顔を見合わせて笑った。

「僕とベルナデットは悪夢を見続けているかぎり、死ぬことはありません。
そしてここにいるフミも、ぼくたちと同じような存在だと聞きました。
これから、いやというほどにぎやかになりますよ。あなたをもう、二度とひとりにはさせません」
『んなっ、……』
「……よかったな、神さま」

動揺している神さまのすがたを見て、が笑った。
そして、も笑って、言った。

「もうだいじょうぶだね。……わたしたちが、もとの世界に帰っても」

ざああ、と森のなかに風が吹き抜けた。
足もとの落ち葉が、かさかさ音を立てながらと転がっていく。

「……

フミがふたりに近づいて、言った。

「あなたたちのおかげで、多くのことを学ぶことができました。
私はもっとこの星について、調べてみようと思います。もとの世界に帰っても、どうぞお元気で」

ベルナデットは苦笑する。

「短いあいだだったな。それなのに、おまえたちとはもうずいぶんと、長くいっしょにいたような気がする」
「そうですね。と出会ってから、ぼくたちの日常は、すっかり変わりました」

郵便屋はそう言うと、カバンからなにかをとり出した。

「……。これはアルノからあずかってきたものですが、フィリーネさんの遺品だそうです。
自分が持っているより、あなたが持っていたほうがいいから、と」

そう言って、小さな紙ぶくろを手渡した。

「そして、。これは手紙です。もとの世界に帰ったときに、読んでください」
「え……」

が受け取ったのは、一通の真新しい封筒だった。

「……これ、だれからですか?」
「さあ、だれからでしょう」

郵便屋が笑った。

「でも、想いがつまっています。どうか、もとの世界に帰っても、
僕たちはいつだってあなたたちのことを想っていることを、忘れないでください」
「……わかりました」

そしては、みんなの顔を見わたした。

「……みんなのことは忘れない。いままでほんとうにありがとう。
アルノやロミィ、ルイスさんにも、そう伝えてください。……それと、神さま」

は神さまにほほえみかけた。

「この世界にぼくたちが来たことが、ぼくたちにとっての"悪夢"だって言ってたけれど」
「わたしたちにとってはやっぱり、ぜんぜん"悪夢"じゃなかったよ」

も同じように、笑って言った。

「……それじゃあ、"神さま"のめんもく丸つぶれだよ」

神さまも苦笑して、

そして双方、さよならは言わなかった。



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>