01:探偵と助手(d)
----------

「おや、赤月代表、こんなところにいらっしゃったのですか」

深神たちのところへ近づいてきたのは、神経質そうな印象の、背の高い男性だった。
うしろには、少し気弱そうな白いスーツの男性がかくれるようにして立っている。

背の高い男性は、桜子に言った。

「ディナーの際のスピーチの打ち合わせだとかで、先ほど社員が探していましたよ」
「あら、そう。……まったく、いったい何度打ち合わせをしたら気がすむのかしら…… 」

桜子は少し気だるげに、髪をかき上げた。

「では、私はそろそろ行くわ。……深神先生、そして助手さん、どうぞごゆっくり」

そう言うと、桜子はその場を去っていった。
桜子のすがたが見えなくなると、都子が深神に言った。

「深神先生、ご紹介します。こちらは、旅館"あやめ"の支配人、村崎幸治郎(むらさき こうじろう)と、
"シャムロック・パーク"の施設長、佐藤啓祐(さとう けいすけ)です」
「これはどうも。私は私立探偵の深神。こちらは助手の、ハルカです」
「た、探偵……?」

気弱そうな男性……佐藤は、おどろいたように深神のことを見た。
一方、村崎はおもしろそうに、わずかに首をかしげた。

「ほほう。……たしかに赤月ともなれば、敵も多いのでしょうな」
「ふむ。それは赤月グループ傘下の施設を運営している、あなたがたにも同じことが言えるのかもしれませんね」

深神は帽子のつばで目元をかくすと、少し声のトーンを落として、淡々と話しはじめた。

「……"シャムロック・パーク"は近年できたばかりの、大型テーマパークだ。
そしてそのすぐ近くにある旅館"あやめ"は、まわりの宿泊施設のなかで唯一の和風旅館ですね。
そのものめずらしさもあって、いまでは海外からの客に人気のようだが……、
あの土地でなにがあったのか知る者たちにとっては、おだやかな場所ではないでしょう」
「ちょっと、深神さん! 言いすぎですって……」
「いいんだ、助手君」

深神をたしなめようとするハルカに、村崎が言った。

「あの土地で商売を続ける以上は、永遠について回る話だからね。
……あなたが言いたいのは、あの"七年前のマンション火災"の話だな?」

そう言うと、村崎は少しだけ目線を下げた。

「たしかに"あやめ"は、かつてマンション火災があった現場の跡地に建てられた施設だ。
しかし、だからといって悲しみにくれたままでは、犠牲になった者たちが、ほんとうの意味で報われることはないと思う。
だから彼らのとむらいのためにも、私は責任をもって"あやめ"を運営すると、こころに決めているんだ」
「む、村崎支配人、……せっかくのパーティなのに、しめっぽい話はやめましょうよ」

佐藤が村崎のうしろから、こわごわと口をはさんだ。
それから佐藤は、鈴音と都子に顔を向けた。

「丹波さん、それに都子も、そろそろディナー会場へ準備をしに行ったほうがいい。
……僕たちの今回の船旅は、パーティを楽しむ時間よりも、仕事のほうが多いんだからね」
「わかったわ、啓祐さん。……それでは深神先生、ハルカ君、また」

都子がほほえんで深神とハルカにあいさつをすると、彼女たちは深神たちのもとから離れていった。



<<前のページ  【海はその謎解を望むのか?】にもどる  次のページ>>