01:乗客たち(a)
----------

都子たち四人と別れたあと、深神とハルカは、船内を散策することにした。

船内マップによると、この船は十二階までフロアがあるらしい。
三階よりもしたは船員用、七階から十階までは客室で、それ以外のフロアにはいろんな施設がそろっている。
店や、図書室。美容室、プールにシアター……と、まるで小さな町のようだった。

深神とハルカは、ラウンジのある五階の廊下を歩いていた。

「あの都子さんってお姉さん、きれいな人でしたね」

廊下にしかれたじゅうたんの上を歩きながら、ハルカは言った。

船内のかべには、いたるところに高価そうな絵画が飾られている。
こうしていると、まるで高級ホテルのなかにいるようだった。

深神は言った。

「彼女はあの佐藤啓祐という男と、親しげだったな」
「ええっ、そうですか?」
「ああ。ふたりとも、たがいを名前で呼び合っていた」
「あ、そういえば……」

それからハルカは、がくり、とうなだれた。

「……なあんだ、あのふたり、もしかして付き合っているのかな。
オレ、都子さんは深神さんとけっこう合うんじゃあないかな、って思ったのに」

そこへ、どこからかあわてた声が聞こえてきた。

「こら、走っちゃだめだ、……舞!」
「ま、舞ちゃん、待って……!」

深神とハルカのほうへと走ってきたのは、小学三年生ほどの少女だった。
どうやらだれかに追いかけられているようだった。

「誠様、おまかせください! ……ここは私が……!」

そう言って一歩前に出たのは、かっちりとしたパンツスタイルの女性だった。
走りながらその手をのばし、あと少しで少女に手が届く……というところで、少女……舞がひょい、と横によけた。

「あっ……!」

標的を失い、いきおいあまった女性は、その場でよろけた。

「おっと」

そして倒れそうになった女性の身体を、深神がとっさに支えた。
支えられた女性は青ざめて、ぱっと深神から身体を離した。

「も、申しわけありません、お客さま……!」

女性は切りそろえた前髪に、長いうしろの髪はひとつで結んである。
その飾り気のなさから、どうやら使用人か、船のクルーのようだった。

ハルカはふと、だれかが自分の右そでをひっぱっているのに気がついた。
視線をおろしてみるとそれは、女性が追っていた、あの少女だった。

「す、すみません……! 舞、走ったらあぶないだろう!」

少しおくれてこの場にたどり着いたのは、中学二年生くらいの少年と、少年と同じ年くらいの、青いドレスを着た少女だった。

年が少しはなれているが、どうやら少女……舞とこの少年は、兄妹らしかった。
そしてもうひとりの青いドレスを着た少女はというと、前髪が目元をかくすほどに長い。
少女はどこか内向的な雰囲気で、深神たちに気がつくと、少年のうしろにさっとかくれてしまった。

舞はというと兄の言葉にかまうことなく、ハルカの右そでをぐい、ともう一度ひっぱってから、言った。

「このお兄ちゃん、右うでがないわ」

ものおじしないその態度に、ハルカはうっかり笑ってしまった。

「ああ、そうなんだ。オレの右うでは前にひとりで散歩に行ったっきり、帰ってこなくてな」

そして、舞の頭を左手でなでた。

「オレの名前は白河ハルカだ。おまえは?」
「舞の名前は、赤月舞よ。あっちにいるのは、舞のお兄ちゃんの誠と、
お兄ちゃんのクラスメイトの西森青空(あおぞら)。青空は、舞のお友だちなの」

舞にふり返られて、少年……誠があわてて頭をさげた。

「あ……、僕が、赤月誠です」

誠は、少しだけネコっ毛の少年だった。白のシャツに黒いベストを着ていて、リボンタイをしている。

「そしてそちらの女性は、赤月家の使用人の高松です」
「高松海風(みかぜ)と申します。先ほどはたいへん失礼いたしました」

誠に紹介され、高松がきれいなおじぎをした。

「赤月、……って」

ハルカはまじまじと、誠と舞のことを見た。

「お前たち、あの桜子さんの子どもだったのか」

たしかに舞も、桜子と同じように、赤いドレスに赤いくつをはいている。髪にも赤いリボンをかざりつけていた。

「……誠君のクラスメイトということは、そちらの青空ちゃんは、もしかして赤月グループには関係のない子なのか?」

深神が言うと、青空はびくりと身体をこわばらせながら言った。

「は……、はい。舞ちゃんが、今回のパーティはぜひいっしょに、って誘ってくれて……」
「妹は、彼女にすごくなついているんです」

誠が苦笑して言った。

「だから今回は無理をいって、ついてきてもらってしまいました」
「なるほどね。三人とも、仲がいいというわけだ」

深神がうなずいたその時、船内に放送が流れた。

『みなさま、お食事のご用意ができました。六階のダイニングルームまでお越しくださいませ……』



<<前のページ  【海はその謎解を望むのか?】にもどる  次のページ>>