02:乗客たち(b)
----------

深神とハルカ、そして赤月兄妹と青空は、そろって六階のダイニングルームへと足を運んだ。
使用人の高松はというと、ほかに仕事があるということで、どこかに行ってしまった。

ダイニングルームには、もう大勢の人であふれ返っていた。
食事は立食形式で、乗客たちは皿を片手に談笑している。

きらびやかな場に目がくらみそうになっていたハルカは、
そんなダイニングルームのはしのほうでピアノを演奏している、鈴音のすがたを見つけた。

ハルカは深神の声をかけた。

「深神さん、オレ、ちょっとピアノを見に行ってきます」
「あ、舞も行く!」

ハルカのとなりの舞も、すかさず元気よく手をあげた。

ハルカと舞は深神たちのもとを離れ、ピアノのそばに近づいた。
さすが船の上で仕事を任されるピアニストというべきか、鈴音のピアノの腕はかなりのものだった。
音色は心地よく、かと言ってこのパーティの雰囲気をじゃましない。

鈴音はふと顔を上げると、演奏を聞きに来たふたりに気がついた。
そして一曲弾き終わると、鈴音は椅子から立ち上がって、ハルカの前へとやってきた。

「やっぱりピアノが気になる? ……白河ハルカ君」

そう言って、鈴音がいたずらっぽく笑った。

「雰囲気があまりにちがうから、最初は気がつかなかったけれど……、あなた、"あの"白河ハルカ君よね?」
「お兄ちゃん、有名人なの?」

ふたりにせまられて、ハルカはたじろいだ。

「あ、ああ……、そうか、鈴音さん、オレのことを知っていたんですね」
「もちろん。だってあなた、あのころは有名だったもの。……ただ、あたしは、もうずっと前にあなたが死んだ、……って聞いたんだけれど」

それから鈴音は、舞に言った。

「舞お嬢さま、ハルカ君はピアニストなのよ」
「ええ、すごい!」

舞が瞳をかがやかせた。

「ピアニストのお姉さんは、腕のないお兄ちゃんのピアノ、聞いたことがあるの?」
「ええ。ハルカ君がまだ舞お嬢さまくらいの年で、あたしが大学生の時にね」

すると舞が、ハルカの右そでの部分をぐいぐいと引っ張った。

「舞も腕のないお兄ちゃんのピアノ、聞きたい!」
「い、いや、そういうわけにはいかないだろ!」

ハルカがあわてて、首をふった。

「ここでピアノを弾くのは、鈴音さんの仕事なんだから……っ」
「……ハルカ君、もしかして、いまでもピアノを弾くことができるの?」

鈴音の問いに、ハルカは目に見えてあたふたとあわてた。

「な、ど、どうしてそんな……」
「職業的な勘、かな」

それから鈴音は首をかしげてにこ、と笑った。

「ハルカ君さえよければ、あたしもひさしぶりに、ハルカ君の演奏が聞きたいわ。
あなたがもしもまだ音楽業界に残っていたら、あたしがいままでに引き受けてきた仕事のいくつかは、あなたの仕事だったかもしれない。
……たとえばこの船の上で、ピアノを弾く仕事とかね」

そして鈴音はハルカの背中をやさしく押した。

「ここのピアノはいいピアノだもの。ハルカ君だって、うずくでしょう? 右手、貸しましょうか?」

少し迷ったハルカだったが、やがて意を決してうなずいた。

「左手だけで、だいじょうぶです。それじゃあ……、一曲だけ」

ハルカは遠慮がちにピアノの前へと歩み出た。
そしてピアノの鍵盤を見つめてから、椅子にゆっくりと腰をおろす。

それからハルカは鍵盤の上に左手を置いて大きく息を吸ったあと、その指を軽やかにすべらせた。



<<前のページ  【海はその謎解を望むのか?】にもどる  次のページ>>