03:夜の海(d)
----------

青空の泊まる客室は十階で、舞と同室だった。

ハルカたちは船に乗ってすぐに、一度七階の自室に荷物を置きにいっている。
しかし十階と七階だと、雰囲気がだいぶちがっていた。
七階ももちろん、上品な雰囲気をただよわせていたが、十階はどちらかというと、豪華だった。

それもそのはず、この船の客室は、階が上がるごとにランクも上がっていく。
そして十階は客室のなかでもいちばん階が高い。
扉と扉のあいだがだいぶ離れていることから考えても、客室自体も七階のものとは比べ物にならないくらい、広いのだろう。

「ハルカさん、ここまで送ってくれて、どうもありがとう」

部屋の前で、青空がぺこりとおじぎをした。

「こういう場所ってはじめてだったからすごく緊張していたけれど、ハルカさんのおかげで気持ちが楽になりました」
「うん、オレも」

ハルカは笑った。

「今日はいっしょに話せてよかったよ。舞たちにもよろしくな。……それじゃあ、またあした」
「はいっ……、またあした」

青空と別れたハルカは、自分の客室がある七階へともどってきた。
十階と比べるとシンプルな廊下ではあったが、ハルカにとってはこちらの階のほうが、ほっと落ち着くことができた。

ハルカがそっと客室のとびらを開けると、深神は奥の部屋のソファでくつろいでいた。

「……深神さん」

ハルカが数歩進んで、立ち止まった。
名前を呼ばれた深神は、ゆっくりと顔をあげた。

「ハルカ、どうした? いまごろ船酔いか?」
「……いえ、だいじょうぶです。窓、開けてもいいですか?」
「ああ、構わない」

ハルカが窓をそっと開けると、室内にすずしい風が入ってきた。

客室の部屋は、ふつうのホテルと同じような作りになっていて、広々としている。
深神が座っていたのは、テーブルをはさんで向かい合わせに置かれた、ふたりがけのソファのひとつだった。

部屋の奥にはバルコニーに続く窓があって、かべぎわにはそなえつけのキャビネット。
そしてキャビネットの上には花びんがネジで固定されていて、むらさき色の花が飾られていた。

「……そういえば、深神さん。あの犯行予告の送り主について、わかったことは?」
「いいや、いまだになにもないな。いまのところ、特に"事件"のようなものも起こっていないようだし」

しかしその時、

「……きゃああああっ!!」

その悲鳴は、とつぜん聞こえた。
深神とハルカが同時に目を合わせて、そのあとバルコニーのほうに目をやった。

「……起こりましたね、事件」
「ああ。……ハルカ、窓を閉めたらすぐに、われわれの仕事をしに行こう」



<<前のページ  【海はその謎解を望むのか?】にもどる  次のページ>>