05:いくつめの事件(e)
----------

次の日の、朝七時ごろ。
ベッドの上で目を覚ましたハルカは、しばらく天井を見つめていた。

ゆっくりとベッドの上でからだを起こしてみると、ソファに腰をかけている深神が目に入った。

「……おはようございます、深神さん」
「おはよう、ハルカ。よく眠れたか」

深神は本に視線を落としたまま、言った。

深神の読んでいる本は、タイトルからしても今回の事件とは関係のないもののようだ。
テーブルの上にはすでに読み終えたのだろう、十冊前後の分厚い文庫が積み重ねられている。

彼がどうしてスーツケースをふたつも持ってきたのか、ハルカはようやくその理由がわかった。

……あのあと、疲れのせいもあってか、ハルカはすぐに眠ってしまった。
しかし深神は睡眠を取ったのだろうか、とハルカはぼんやりと考える。

ハルカが深神の事務所に世話になり始めてから、もう七年もの月日が経った。
しかし、彼が寝ているところを、ハルカはいままでに一度も見たことがなかったのだった。

ハルカは深神の背後、バルコニーにつながる大きな窓に目を向けた。
窓の向こうはくもり空だ。海は昨日の夜と同じように、まだ荒れている。

ハルカはベッドからおりると、手ばやく着替えた。

「深神さん、準備ができました」
「そうか。では、そろそろ朝食に行こうか」
「行きましょうか。朝食もブッフェらしいですよ、よかったですね」
「まるで私が食い意地を張っているような言いかただな」

深神は苦笑しながら、ハルカの背中を叩いた。



<<前のページ  【海はその謎解を望むのか?】にもどる  次のページ>>