依頼(f)
----------

千代に連れられて、深神は葵家の庭に出た。
庭師をやとうだけのことはあり、庭の手入れは行き届いている。
冬だというのに、まるで春のように花が咲いていて、にぎやかだ。

そんな花のなかに、赤い屋根の犬小屋があった。
深神たちといっしょに表に出た萌乃は、そこにいた茶色の毛をしたイヌへと駆け寄った。

イヌは、犬小屋の前に鎖で繋がれている。
深神が近づいても、そのイヌは吠えることもなく、深神を見上げて尻尾をふった。
舌を出しているせいか、その顔は笑っているようにも見える。

「ずいぶんと人に慣れていますね。私はよくイヌに吠えられるのだが」

イヌを見下ろしながら、深神が言った。

「こんなに尻尾をふられたのははじめてだ」
「名前はナキオといいます。もともとは野良だったのですが、
こんな調子で娘になついてしまったので、結局うちで飼うことになりました。
あまりにもなつっこいので、以前はどこかで飼われていたのかもしれません」

ナキオと遊んでいた萌乃は、深神を見上げてにこりとほほえんだ。

「みかみ先生、なでても平気だよ。ナキオはおとなしくていい子だから」

深神は言われたとおりにナキオの頭をなでてみた。
すると、ナキオがうれしそうに深神の手にすり寄ってきた。

わずかに手の動きを止めた深神に、千代が後ろからたずねた。

「もしかして、深神先生はイヌが苦手ですか?」
「いえ、イヌのほうにきらわれることが多かったんです。ここまでなつかれるとは、正直おどろきました。ふむ……」

しばらくナキオを興味深そうにながめていた深神だったが、やがて立ち上がると言った。

「わかりました。この依頼、お受けしましょう」

その言葉を聞いた千代の表情が、ぱっと明るくなった。

「ほんとうですか!」
「ええ。たしかにこの事件には、裏がありそうだ」

深神は千代に視線をもどす。

「依頼内容は『"山葡萄のレクイエム"をさがし出す』、ですね」
「はい、どうかお願いします」

深神はうなずいた。

「できる限りの手は打ちましょう。……それでは早速ですが、調査を始めたい。
まずは、和也氏の書斎を拝見してもよろしいかな?」



<<前のページ  【夕陽色に染まる謎刻】にもどる  次のページ>>