生まれたての五現目(a)
----------

あれから、どのくらいの時間が過ぎたのだろう。

"なにか"は空気とまじりあって、空間にたゆたっていた。
それはまるでこの世界全体を、うすい膜(まく)のようになって覆っているかのような感覚だった。

しかしわずかに意識を動かしたとたん、あちらこちらに散らばっていたかけらのようなものが、急速に自分のもとへと集まりだした。
それらはたちまち、ぎゅっと凝縮され、やがてひとつの形を作り上げた。

そっとこぶしをにぎって、開く。
これは手。

そろりと視線を動かす。
これは目。

短い髪に、短い前髪。
月見坂学園の制服を着た中学一年生。……、そうだ、これは"私"だ!

「うわっ!? な、なんだ!? いったいなにが起きた!?」

飛鳥はさけびながら、飛び起きた。

からだにまとわりつく空気が、まるで水風船のようにふにふにだ。
すべての感覚がやわらかい。

飛鳥は両手で何度かグーとパーを作ることをくり返してから、つぶやいた。

「……、私は、どうしてしまったというんだ?」

見上げると、ちょうど自分の教室……一年B組の窓が見える。

「そうだ、私はあそこから落ちて……、って、なんであんなところから落ちて無事なんだ? 傷ひとつ、見当たらないぞ……」

飛鳥は自分のからだを動かしてみたが、どこも痛いところはない。
校庭の地面にも、血のあとのようなものは見当たらなかった。

飛鳥の目と鼻の先には、黄色と黒で編まれたロープが貼られ、"立ち入り禁止"と書かれた紙が貼られている。
飛鳥はそれを見て、首をかしげた。

「あんなものは、朝に見たときにはなかったような気がしたが……」

それからまじまじと自分の両の手のひらを見た飛鳥は、絶句した。
なぜなら、……手のひらがうっすらと透けていたからだった。

「……これはもしかしなくても、ぜんぜん無事じゃあないぞ」

かたちの定まらない自分の足元を見ながら、飛鳥はひとり、つぶやく。

「まいったな。私は、……どうやら幽霊というものになってしまったらしい」



<<前のページ  【月見坂学園憑き幽霊の省察】にもどる  次のページ>>