7月4日(金) 8時00分(h)
----------

「ただいまー……って蒼太、来ていたのか!」

事務所の扉が開き、そこから現れたのは白河ハルカだった。左手には、品物の入った買い物袋をさげている。
ハルカは僕を見て笑顔になったあと、深神さんの口の周りにケーキのクリームがついていることに気がついた。

「って、深神さん! もしかして、あの残りふたつも、ひとりで食べちゃったのか!?」
「な、なぜだ。なぜ私がふたつとも食べたとわかった!?」
「口もとの生クリーム! あと深神さんの前に皿がふたつ並んでる! ……今夜、深神さんは夕飯抜きだからな!」
「なにっ? 上司に対して、それはあまりにも酷な仕打ちだぞ、ハルカ……!」
「あのなあ、深神さん、いつか栄養の摂り過ぎで死ぬぞ?」

それからハルカは、僕に向かって言った。

「なあ蒼太、夕飯はお前も食べていくだろ?」
「じゃあ……お言葉にあまえようかな。なにか手伝うよ」
「おう、さんきゅー。今日はカレーを作るぞ、カレー用の牛肉が今日は特売日だったんだ」

うれしそうに買い物袋を持ち上げて見せるハルカ。どこからどう見ても、主夫だった。

+++++

……結局、深神さんはちゃっかり夕飯にありついていた。

「ああ、やっぱり肉の入っているカレーはいいな」

しみじみと肉の味をかみしめている深神さん。
ハルカはカレーを口にふくみながら言った。

「にふがふいたひゃ、もっほかへげ」
「ん? "深神さんたら、とってもステキ!" だと?」
「一ミリも合ってねえよ! オレは"肉が食いたきゃもっと稼げ"って言ったんだよッ!」

そんなふたりの漫才劇場を聞きながら、僕は壁にかけてある時計を見上げた。

「それにしても、緋色の帰りがおそいですね」

もう、夜の八時を過ぎている。
深神さんは水を飲むと、同じように時計を見た。

「……そうだな。もう少し、はやく帰ってきてもよさそうなものだが」
「で、深神さん、いったい緋色はどこに出かけたんだ? 買い物だったら、オレが出かける前に言ってくれりゃあ、いっしょに買ってきたのに」
「まあ、いろいろと、な」

それから深神さんは、僕に向かって言った。

「西森少年。このまま緋色に会わずに帰るのもなんだろうから、今日は泊まっていけばいい。
寝る場所はこのソファになってしまうが」
「あ、ありがとうございます」

僕はというと、自分のマンションに帰らずにすんで、内心ほっとしたのだった。



<<前のページ  【きみひとり】にもどる  次のページ>>