7月7日(--) 59時22分(a)
----------

「蒼太さん、だいじょうぶですか!?」

みずきの声が聞こえた。
目を開くと、心配そうに僕の顔をのぞきこむみずきの顔があった。

「みずき!」

僕は彼女の名前を叫んだ。
思いのほか自分の声が腹に響き、僕は自分が奇妙な体勢をしていることに気がついた。

左足はベッドの上。そのほかの身体は床の上。
それはちょうど……ベッドから落ちた時のような格好だった。

「深神さん……は……?」

つぶやく僕に、みずきがくすくすと笑う。

「蒼太さん、寝ぼけてるんですか?」

寝ぼけている、か。
つまり。

「いま……何時?」
「七月七日、……五十九時です。つまり朝の十一時、かな?」

……あのタイミングで、僕はこちらの世界へもどってきたのか。

「どこか痛かったりはしませんか?」
「ああ……だいじょうぶ。ありがとう」

起き上がる僕の背中を、みずきが優しく支えてくれる。

向こうの世界で感じた痛みはもうない。
しかし、動悸(どうき)の激しさはおさまらなかった。

(あのあと、僕はいったいどうなってしまったのだろう?)

……まさか、死んでしまったのだろうか?

自分の後頭部をなでながら、みずきにたずねる。

「……みずきは昨日、眠った?」
「眠りましたよ」
「なにか……夢は見た?」
「夢、ですか?」

みずきは首をかしげる。

「私は見ていないと思います。覚えていないだけなのかもしれないけれど……、
蒼太さんは、なにか夢を見たんですか?」
「いや……」

みずきが夢を見ていないなら、こちらでの手がかりはないと言える。
また"こちらの世界"で眠って"向こうの世界"へ行くしか、事の真相を探ることはできないのか……

「待てよ……」

うっかりしていた。
僕は"こちらの世界"で、"向こうの世界"では失踪している緋色本人と待ち合わせをしていたのだった。
もし、僕のいままでの推理が当たっているのだとしたら、緋色もみずきのなにかを探っているのかもしれない。

……もしかして、深神さんやハルカも、こちらの世界にひそんでいるのだろうか。

「……ごめん、みずき。僕、行かなくてはいけないところがあるんだ。
みずきはここで……待っていてくれないかな」

僕は行かなければならない。
そしてこの奇妙な毎日を、終わらせなければいけない。

みずきは察してくれたのか、大きくうなずいてくれた。

「わかりました。私はここで待っています」

それから心配そうに、僕の両手を自分の両手で包みこんだ。
それは、この世界で僕を最初に救ってくれた温もりだった。

「……蒼太さんはひとりじゃないですよ。どんな世界にいたって、私は蒼太さんの味方ですから」
「みずき……」

みずきはまるで子どもをあやすかのように、僕の背中をとんとんと叩いた。

「今日のお昼のためにお弁当を作っておいたので、それも持っていってくださいね」
「……ありがとう」

僕は簡単に身じたくを済ませると、いつものように鞄を肩からさげた。
エプロン姿のみずきは、屋敷の玄関で僕を見送ってくれた。

「……これじゃあ、なんだか新婚カップルみたいだな」

僕がそう言うと、みずきはうれしそうにはにかんだ。

「蒼太さんとだったら……、私はうれしいな」

それからみずきは、僕の正面に立った。

「蒼太さん。……少しかがんで、目を閉じてください」
「……こう?」

僕がかがんで目をつむると、額に軽くみずきの温度を感じた。たぶん、キスをされたのだと思う。
目を開けると、彼女は頬を赤らめながらも笑顔で、

「いってらっしゃい」

と言った。



<<前のページ  【きみひとり】にもどる  次のページ>>