7月7日(--) 59時22分(c)
----------

深神探偵事務所のビルの前についた僕は、頬がぬれていないかどうか、もう一度確認をした。

「……だいじょうぶ」

涙は、もうすっかり乾いている。
大声で歌って大声で泣いたおかげで、僕の心はだいぶ晴れやかになっていた。

僕は臆することなく、事務所の扉を開けた。

事務所のカギは、開いていた。
"初日"にはカギがかかっていたのに、今は開いているということは、
少なくともあれ以降、だれかがここに出入りしたのはまちがいない。

事務所に踏み入り、声をかける。

「……緋色?」

しばらく入り口で待ってみたけれど、緋色が出てくる気配はない。

事務所に来る前に連絡をとっておけばよかったかな。
僕は改めて緋色に電話をかけようと思ったところで、いつもの事務所にはないものを見つけた。

それは、テーブルに置かれたお菓子のカゴのとなりにあった。

細くて小さな笹が入った、ひとつの花びん。
よく見てみると笹の葉には、これまた小さな短冊がいくつかぶら下がっていた。

「そうか……、七月七日は、七夕だったっけ」

七月七日、短冊に願いごとを書いて笹につるすと、その願いが叶うという。

この異様な世界のなかでは、その存在をすっかり忘れていた。
僕は少しだけ頬の力をゆるめ、短冊をひとつずつ手に取りながら、それを読んだ。

『依頼が増えますように 宝くじが当たりますように 深神』

深神さんの願い事の書かれた紙だった。
……なんて切実な願いなんだ。まあ、彼らしくはあるけれど。

僕は次の短冊を手に取った。

『深神さんに彼女ができますように 白河ハルカ』

今度はハルカだ。
深神さんのために願うなんて、あいかわらずのお人よしだった。

「……って、この短冊があるということは、あのふたりもやっぱり、こっちの世界に来ているのか……?」

しかしその考えは間違っているかもしれない、と次の短冊を手に取った僕は思った。

『みんながしあわせに過ごせますように 西森蒼太』

書いた覚えのない、僕の願い。
しかしそこに書かれている文字は、たしかに僕のものだ。
それもよく見ると、なぜか僕のものだけ短冊ではなく、メモ帳の切れはしに書かれている。

ぞくりと背筋に冷たいものが走った。
……短冊は、あともう一枚、吊るされている。

おそるおそる手をのばすと、その短冊にはどこかよわよわしく、頼りない小さな文字で願いが書かれていた。


『三日前からやり直せますように 宮下緋色』


みしり、とうしろで床が鳴り、僕はふり返った。

そこには宮下緋色が立っていた。
僕と目が合った緋色は、

「ああ、気づかれちゃった……」

と、疲れたような笑みを浮かべた。

彼女はエプロンなどしていなかったし、
第一彼女の立っているその場所はキッチンではなかったのに、

手には包丁を持っていた。



<<前のページ  【きみひとり】にもどる  次のページ>>